5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

HVDVSBDVSHDDVD

1 :名無しさん◎書き込み中:2006/11/30(木) 17:22:58 ID:yYzkneRt
さーあ!次世代DVDの覇権を握るのは、
HD-DVDか
Blueray-Discか
それとも!!.....


2 :名無しさん◎書き込み中:2006/11/30(木) 17:42:50 ID:yWey2v5j
暗号か

3 :名無しさん◎書き込み中:2006/11/30(木) 18:40:53 ID:3JzZIOvC
重複です。

以降は以下のスレでどうぞ。

次世代光ディスクってどっちが勝つの? Part6
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/cdr/1155026694/

4 :達成されなかった統一:2006/11/30(木) 20:31:24 ID:O4E4bPSK
2005年4月、東芝とソニーの間で、HD DVD・BDの両者の長所を生かした規格を共同開発することで合意した。
これにより、次世代大容量光ディスクは統一されメリットは大きなものになることが期待された。
しかしながら、交渉は難航し中断された。以降2005年8月に交渉時間切れとして本格的な製品化へ動き出した。
2006年、これによりベータマックス対VHS戦争の再現は不可避となり、規格戦争が本格化した。
ドライブ開発メーカーは勝ち馬に乗る形でどちらかの規格に流れていく可能性が強いが、
趨勢が決まる前から両規格対応のドライブを開発発売する可能性も考えられる。

5 :HD DVD:2006/11/30(木) 20:51:04 ID:O4E4bPSK
青紫色レーザー405nmを使用することでDVDより高密度で記録でき、
片面単層15GB/片面二層30GBの容量。カバー層は0.6mmである。
ビデオコーデック MPEG-2 VC-1 H.264/MPEG-4 AVC
2003年8月29日、東芝とNECが次世代DVDをDVDフォーラムに提案。
2005年、トムソン、ユニヴァーサル・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザーズ、パラマウント、
ニューライン・シネマ、マイクロソフト、インテル、支持表明。
2006年3月31日、HD DVD再生専用機HD-XA1東芝より発売

6 :Blue-rayDisc:2006/11/30(木) 21:00:54 ID:O4E4bPSK
405nmの青紫色レーザーと0.1mmのカバー層の光ディスクを使うことで記憶容量1層25GB、2層50GBを増加させた次世代DVD。
ファイルフォーマットはUDF Ver2.5カバー層が0.1mm
転送速度等速は36Mbps。BD-ROMは1.5倍速の54Mbpsが標準転送速度。
採用コーデックMPEG-2 H.264/MPEG-4 VC-1
2002年2月19日ソニー・松下など9社がBlu-ray Disc規格を発表。
2005年大手ハリウッド映画 ソニー・ピクチャーズ、ディズニー、20世紀FOX
パラマウント映画、ワーナー・ブラザーズ BD陣営支持
2006年6月10日 松下の内蔵型BDドライブ発売
2006年11月11日 SONY家庭向けゲーム機PS3発売。
2006年11月15日 松下電器産業はブルーレイDIGA「DMR-BR100」を発売。

7 :HVD:2006/11/30(木) 21:20:33 ID:O4E4bPSK
現在、光ディスク市場はBlu-ray DiscとHD DVDの両陣営が主導権争いを繰り広げているところだが、
オプトウエア社が開発を進めるHVDの標準化・商品化に向け6社でHVDアライアンスを設立する。
HVDは、ホログラム記録技術を用いたもので、CDサイズでテラバイトクラスのデータ容量。
CD/DVDとの下位互換性も確保できる。 国際標準化団体Ecmaに働きかけISOで標準化。
製品は2008年に登場する見込み。
HVDはBDやHD DVDの次世光ディスク規格である。従来の光学ディスクである
CD/DVD/Blu-rayなどは、レーザーの1パルスで記録するのは1ビットだけだが、
HVDでは数万ビットもの情報が一度に読み書きされる。青緑のレーザーでホログラフィック層に
データを読み取り、赤のレーザーでCDとアルミニウム層から制御情報を読み取る。
HVDの容量はBlu-ray Discの20倍の1テラバイトで、転送速度は28倍の1Gbps。
また、HVDではデータを重ね合わせて記録する多重化によって大容量化を図ることができる。
将来的には12cmディスクで3.9テラバイトという容量にまで伸びる可能性がある。

8 :CD:2006/12/01(金) 21:42:37 ID:Y/AHm3Rz
1982年10月ソニーから最初のプレーヤーが発売された。
ソニーとフィリップスが共同開発。直径12cmまたは8cm、厚さ1.2mm
記録層は表面から1.1mm。
読み取りには780nmの赤外線レーザーを使用する。
650〜700MBの容量、CD-DA形式で収録時間は約80分。
CDの寿命は20〜30年が限度。

9 :MD:2006/12/01(金) 22:00:43 ID:Y/AHm3Rz
ソニーが1992年に発表したデジタル記録用の光磁気ディスク規格。
直径64mm厚さ1.2mmのディスクが横72mm、縦68mm、厚さ5mmの
カートリッジ封入構造。ATRAC方式で音声の非可逆圧縮が行われる。
デジタルコピーを1世代のみに制限しデジタル録音したトラックは
アナログコピーしか行えない。

10 :LD:2006/12/01(金) 22:35:28 ID:Y/AHm3Rz
1977年にフィリップスが開発。レーザーディスクはパイオニアの商標
映像はアナログでNTSC全ての帯域を記録し、DVDのような圧縮が一切ない
録画のできない再生専用機でレンタルは全面禁止だった。
直径30センチ両面記録で最大2時間の映像を記録できる光ディスク規格である。
パイオニアのみ販売しVHD陣営と販売競争を繰り広げたが、規格争いに勝利した。
1996年に登場したDVDに地位を奪われ2000年までに大部分のメーカーがLDを中止した。

11 :DVD:2006/12/03(日) 19:17:37 ID:iVlBGi9g
CDと同サイズ、直径12cm 0.6mm厚に4.7ギガバイトの容量。
読み取りには650nmの赤色レーザーを使用。高密度光ディスク規格として
フィリップス・ソニー陣営によりMultiMedia Compact Discが
開発中であった一方、東芝・タイム・ワーナー・松下電器・日立・等の
連合によりSuper Density Discも開発中であった。フィリップスとソニーは
MMCD規格を諦め東芝主導のSD規格につき2項目の修正を認める事で、
両陣営は合意に至ったため、DVDプレイヤー初の商用化は日本で1996年11月に
された。VHS対ベータ戦争の再来を避ける事ができると思われた。
しかし、その後多数の注文をつけられ多数の派生規格を生むことになった。

12 :DVD-RAM:2006/12/03(日) 20:00:52 ID:wCWxG0rV
PD規格を提案した松下電器産業が開発された。
Random Access Memory。読み書き可能なフォーマットで、
当初はカートリッジ規格のみであったが、後にカートリッジ無し規格も登場
10万回以上の書き換え可能データの書き込みに専用ライティングソフトが不要
ファイナライズ処理が不要である。DVD-RやDVD-RWのようにグルーブにだけではなく、
ランドにも記録マークを記録している、DVDフォーラムによって制定されている。

13 :名無しさん◎書き込み中:2006/12/03(日) 20:01:34 ID:wCWxG0rV
DVD-RW
パイオニアが開発したDVD Rerecordable Disc
皮膜の記録材料に金属材料を使用しており、レーザー光照射による加熱での
金属材料の結晶化・非結晶化を利用している
結晶化した場所に再びレーザーを当てて結晶状態を溶かして急激に冷やす事で
非結晶化が可能でデータの消去や再利用が可能。DVD-Rに比べ経年変化を受けにくい
容量は片面で4.7GB。書き換え可能回数は1,000回以上とされる。
フォーマット形式を選択してフォーマットする。DVDフォーラムによって制定されている。
DVD+RW
DVDフォーラムで固まったDVD-RAMを不服として日本のソニー、フィリップス、HP3社が提唱し、
DVD+RWアライアンスが策定している規格。独自の書き換え可能方式を策定している。
書き込み可能回数は1,000回以上。高速記録が特長であり+RWは8倍速である。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)