5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

コピー機修理担当者の告白--悪ふざけもほどほどに

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 14:46:13 ID:wF5doE9o
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20091603,00.htm?tag=blogger.cr
 コピー機メーカーのキヤノンは、クリスマスシーズン中、事務用機器を丁寧に扱うよう訴えている。同社によると、祝い事が続くこの季節、修理依頼の電話が25%も増えるという。
その理由は、おなじみの行為--「臀部(でんぶ)のコピー」という悪ふざけをする人が増えることにある。

 このような行為は、オフィスパーティでよく見られる。しかし、こうした悪ふざけの結果、コピー機のガラスを割ってしまう人が実に多いのだ。
クリスマスシーズン中、キヤノン技術者の32%が、身体の一部をコピーしようとして割れたガラス板を修理するために呼び出されているという。

 ロンドンにあるキヤノンに勤務するTim Andrewsによると、「毎年、正月明けは、コピー機のガラス交換で忙しくなる。多くの場合、『臀部のコピー』が原因だ」と述べる。

 キヤノンは、顧客から寄せられる修理依頼の電話のうち46%が、業務とは無関係な行為による破損だという驚くべき数字を発表している。

 イギリス北部に勤務するGeoff Bushは、自分が担当した修理について、面白い経験談を語る。ある若い女性がコピーの最中にガラスを破損してしまったそうだ。
さらに、このコピー機は同時に紙詰まりを起こしてしまったという。機械が修理され、紙詰まりも解消された途端、酔いもすっかり覚めた同僚の目の前に排出されたのは、女性の臀部のコピーだった。

 西洋人の体格が「スーパーサイズ化している」ことも恐らく、こうした故障に影響を与えている。これに対応するため、キヤノンでは現在、ガラスを1mm厚くしているという。

 しかし、もっと驚くべき話を、北イギリスのサービスエンジニアSteven Mannionから得ることができた。「男性性器のコピーが詰まった機械を修理したことがある」(Mannion)

 この話では、機械に詰まっていたのが、写真のコピーであったことを願うばかりだ。

 Mannionは、「修理先のマネージャは、修理費を支払うべき犯人を見つけるため、このコピーを持って事務所内を歩き回ることを示唆していた」と付け加えた。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 16:57:10 ID:Pxyr/2l7
イギリス人ワロス

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 17:54:55 ID:bUtz/K+w
あるあるwww

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 20:43:08 ID:ksKN6D7n
キヤノンのコピー機って、そんなにエロいとは、
思えないんだけど・・・


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 21:45:41 ID:6IFeUTSX
ガラス破損で交換 NPの頃は強度不足が原因で校則機はTG扱いだった

でも今もTGパーツだと思って発注すると痛い目を見る

6 :使い方が悪すぎだよ:2005/12/22(木) 23:04:41 ID:D12KrrHP
なんか、くだらんね。コピーなんか最近一般的だが
今日の客は・・・何でも呼べばいいって門じゃないんだよ
少しは自分の頭で考えろよ。一応社会人なんだからコピー
の使い方なんて今じゃ常識なんだよ。
疲れるよなぁ〜ふぅ。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)