5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

\chapter{\TeX} % 第五章

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 20:57:54
過去スレ
第一章 http://pc.2ch.net/test/read.cgi/unix/977144071/l50
    http://pc.2ch.net/unix/kako/977/977144071.html
第二章 http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/unix/1033564798/l50
(ミラー) http://2ch.pop.tc/log/05/04/07/1806/1033564798.html
第三章 http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/unix/1059616013/l50
第四章 http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/unix/1116389650/l50

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 21:00:01
・LaTeX の本家ページ
http://www.latex-project.org/

・角籐先生のページ
http://www.fsci.fuk.kindai.ac.jp/~kakuto/

・nifty tex インストールガイド
http://forum.nifty.com/ftex/install/index.htm

・奥村先生のページ
http://www.matsusaka-u.ac.jp/~okumura/

・熊沢先生のページ
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex.html
http://homepage.mac.com/xyoshiki/tex.html

・LaTeXしよう!(コマンド集)
http://www.topstudio.co.jp/~kmuto/latex/

・LaTeXコマンドシート一覧
http://www002.upp.so-net.ne.jp/latex/

・クラスファイル・bibitex関連
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/anes/www/latex/latex.html

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 21:15:09
ぶっちゃけUNIXと関係ないことのほうが多いよな

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 21:43:21
テオッ テフテフ、テフッ!!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 21:50:40
とりあえず,nifty/FTEXはもうだいぶ前に消えてるし
奥村先生は三重大学にうつった

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:02:57
TeX Wiki(奥村センセ) http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/
TeX Q&A(奥村センセ) http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/
ptetex WiKi(土村さん) http://tutimura.ath.cx/ptetex/
UTF-8 による TeX 文書の作成 Utf82TeX http://yasuda.homeip.net/tex/utf82tex.html

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:05:18
>>3
それ言い出したら,ぶっちゃけアプリケーションの話は
OS非依存でUNIXと関係ないんだが

>>5
それがわかっているなら最も重要な日本語のTeX情報源であるTeX Wikiぐらい書いてやれ

TeX Wiki
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 06:06:56



9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 12:32:59
誰も言わんから言っとく、>>1

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 14:45:43
おお、だれも言っとらんかったのか。
¥emph{ >>1 乙 }

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 19:09:52
ソースコードをプリントするのに
以下のような感じでverbatim環境の中にソースを読み込みたいのですが
\begin{verbatim}
\input{hoge.cpp}
\end{verbatim}
これではhoge.cppの中身が読み込まれず
\input{hoge.cpp}
とそのまま表示されてしまいます.
うまくverbatim環境の中でも\inputを機能させる方法は無いものでしょうか?


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 19:14:47
verbatim パッケージが提供する \verbatiminput を使えばいい。

13 :11:2006/07/24(月) 19:25:07
>>12
解決しましたありがとうございます


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 01:48:09
質問です。

multicolの中に表を作りたいです。具体的には

\begin{multicols}{2}
...
\begin{table}[htbp]
  \begin{center}
    \begin{tabular}{|c|c|}\hline
     a & b \\ \hline
    \end{tabular}
  \end{center}
\end{table}
...
\end{multicols}

このように書くと表が消えちゃいます。
multicolsを取ると最初のところでonecolumnが指定されているので一段組になりますが表は現れます。またmulticolsをとらずに\begin{table}をとって\begin{tabular}のみにすると表がでてきます。

tableをつけて表を作る方法はないでしょうか?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 01:52:29
それは multicol パッケージの仕様。
1 段幅の図表を入れつつ 2 段組にするのなら、
multicol パッケージを使うのをやめることになる。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 04:46:24
なんだか前田富美男タンがやばいことに……
やっぱりなんか受信してる人だったのかな……怖いよー。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 08:04:33
年配の方かと思ったりしていましたが、
もしかして、20代後半の池沼さんかな。

> 本当は、中学生の数学や理科の問題を作成する程度で、TeXに精通している 
> わけでは、ありません。掲示板でも、質問する場合が多くて、つい、分かっているような 
> 事があれば御指導することがあります。  

ご指導ごめん被りたい…

”本当は、”って何?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 08:50:52
何はともあれ、熱いな。
でもやめて欲しい。
この人の数学や理科の問題はどうなってるんだろう。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 09:01:16
ヲチはよそでやってよ。

20 :14:2006/07/25(火) 13:34:37
>>15
レスありがとうございます。

今回の場合、第一章を\onecolumnにして第二章を\chapter{hoge}だけ一段組にしてそこ以降を二段組にしたいため、multicolを使わざるをえないのです。
この表を二段組の幅とかにして使う方法とかはないのでしょうか?tabularだけで表を作成するとcaptionとかlabelとかが指定できなくて困ってます。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 14:05:04
入門書を読みな。
>この表を二段組の幅とかにして使う
table* 環境というものがある(同様に、figure* 環境というものもある)。

22 :20:2006/07/25(火) 14:21:07
>>21
ありがとうございます。table*を試してみたのですが表が二段組にならず次のページに行ってしまいます。これをどうにか二段組の中に入れたいのです。

これはどうにもならないんですかねぇ。。。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 14:39:45
>次のページに行ってしまいます。
それも仕様(必要があれば、table* 環境の位置を変更する)。

>これをどうにか二段組の中に入れたいのです。
次のようなことでもしたいのかい?
\documentclass{jarticle}
\usepackage{multicol}
\begin{document}
\begin{multicols}{2}
・・・・・・・・・・
\end{multicols}

% ↓multicols 環境の外部(1 段組部分なのでただの figure 環境でよい)
\begin{table}[h]
・・・・・・・・・・
\end{table}

\begin{multicols}{2}
・・・・・・・・・・
\end{multicols}
\end{document}

24 :22:2006/07/25(火) 14:50:37
>>23
丁寧なレスありがとうございます。

しかしやりたいことはそうではなくて、
\documentclass{jreport}
\usepackage{multicol}

\begin{document}
\begin{multicols}{2}

\begin{table}[h]
・・・・・・・・・・
\end{table}

\end{multicols}

\end{document}
という感じです。
二段組だと一ページを縦に二つに割って文章を書きますが、その二つに割ったところに表を挿入したいのです。表を一段にぶちぬきたいわけではなく、むしろ横幅を1/2にしてmulticolの中に収めたいです。

むしろtable環境にこだわらなくても、表にcaptionとlabelがつけばいいのですが。。。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 15:05:15
ならば、「出力ルーチン」の構築法を学べばいい。そうすれば、1 段幅の図版を
任意に仕込みつつ多段組ができるような処理を実現できる。

もっとも、float 系環境(figure 環境の類)を使わずにキャプションをつける
細工は知られている。例えば、次のようなことでもどうかなるだろう。
\begin{center}
\makeatletter\def\@captype{table}\makeatother
% ↑文字列“table”を“figure”に変えれば“図扱い”になる.
\caption{表のキャプション}
……
\end{center}

26 :24:2006/07/25(火) 15:24:36
>>25
ありがとうございました!labelもこれでつけられるようですね。

あとこの方法で表を作ってみたら表が大きすぎて隣の段まで浸食してしまっていますw表の幅を固定して自動的に改行みたいなことってできますか?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 15:28:11
>表の幅を固定して自動的に改行みたいなことってできますか?
それは、RTFM で済ませられても文句は言えない質問。
列指定(\begin{tabular} の後に並べる r だの c だのといった指定)に
p{適当な長さ} を使ってみるなり、“tabularx 環境”について
調べてみるなりするといい。

28 :26:2006/07/25(火) 15:32:55
>>27
すみません;;もっと勉強します;;;;

p{xcm}でなんとかなりました。tarbularx環境でやってみたらエラーが出てしまいましたが;;

とりあえず解決しました。丁寧にレスしてくださったみなさまありがとうございました!



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 01:41:02
ヲチはよそで、と言われたけど最後に一つだけ
……富美男タンからメール&掲示板へ書き込みがorz

WinShellプロジェクトに寄付したいから教えてくれと言われて、
よく知らないなりにサイトを見て答えたら、「金がないのでやめた」と。

もうなにがなんだか……。スレ汚しごめんなさい。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 01:46:11
スレ汚しだという自覚があるなら書かなきゃいいのに。

31 :Tommy:2006/07/27(木) 01:59:28
私の夢は、クヌース博士に会いに行くツアーを組む事です。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 06:45:29
図が100を超えると、\listoffiguresで作成される一覧で、番号とキャプションの間に空白が無くなってしまうのですが、
どうしたら良いのでしょうか?

具体的には2桁の場合は
2.11 hogehoge
となるのですが、3桁になると
2.112hogehoge
のようになってしまいます。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 08:35:51
>>32

jarticleとjsarticleで確かめたけど、空白ありますよ。
詰まっていません。

4桁には挑戦していないけど…

再現する最小限の例が欲しいけど…

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 09:39:07
>>32
どういうクラスファイルを用いているか不明である以上、
具体的な再定義例は出しようがないが、おそらく
\l@figure あるいは \numberline を再定義すれば済むだろう。

35 :32:2006/07/27(木) 09:50:30
すみません。クラスファイルはreportです。
クラスファイルの詳細にあまり詳しくないのですが、どのように再定義すればよいのでしょうか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 09:56:14

ttp://www.stanfordalumni.org/news/magazine/2006/mayjun/features/knuth.html

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 10:30:14
>>32

再現しない。
report.clsのVersionは
2005/09/16 v1.4f
です。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 10:31:05
>>35
ファイル report.cls には
\newcommand*\l@figure{\@dottedtocline{1}{1.5em}{2.3em}}
という定義がある。
この定義中の \@dottedtocline の第 3 引数(2.3em のところ)を
定義変更してみればいい。
# もちろん、クラスファイルそのものを書き換えるのは NG。
# つまり、\l@figure の定義部分をプリアンブルにコピーし、
# そのコピーを書き換える。
# 再定義なので \newcommand を \renewcommand にしなければ
# ならないだとか、\makeatletter/\makeatother の必要性といったこと、
# および \@dottedtocline の各引数の意味などは自分で適宜学習してくれ。

39 :35:2006/07/27(木) 10:53:22
\makeatletter
\renewcommand*\l@figure{\@dottedtocline{1}{1.5em}{3.0em}}
\makeatother
を追加したらうまくいきました。ありがとうございました。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 19:14:57
奥村さんとこの掲示板、もう荒らされ放題だな……

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 21:23:19


IP違うけど、
ふみちゃん=とみおさん
と思う。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 03:33:07
bibtexで参考文献の一覧を作成しているのですが、
一覧のはじめが
[1]
[2] hogehoge
[3] hugahuga
のように、空白の文献が出力されてしまいます。
何が問題なのでしょうか?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 04:45:05
bib ファイル(文献データベース)の記述にどこかおかしいところが
あるんじゃないのかい。
それ以前に、検証可能なサンプルも出してくれないのでは、
まともな返答などできはしないがね(最初の 1 文にしても、
勘で適当なことを言っただけだし)。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 22:10:28
\clearpageってその時点で未処理だったfloatを出力して改頁しますよね.
改頁はしないで,その時点で未処理だったfloatを出力する命令ってありますでしょうか?
御存じでしたらお教え下さいませ.


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 22:32:18
丸抜き数字を打ち出したいのですが、どのようにすればよいですか?
奥村晴彦p.370では「oftパッケージで使える文字」一覧で丸抜き文字がでているのですが、肝心のoftパッケージの意味が書いていないので。

\documentclass{jsarticle}
\usepackage[dvips]{graphicx}
\begin{document}

\oft{1}

\end{document}

ではなんにも出ないので・・。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 22:44:10
>>45
マルチ乙

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 23:15:28
>>45
「書いてない」って……
『[改訂第 3 版]LaTeX2e 美文書作成入門』の第 13 章には書いてあるのだが。
とりあえず、『美文書』を通読してから出直しな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 23:19:03
>>44
そんなコマンドは、少なくとも LaTeX 自身が提供するコマンドの中にはない。
必要があれば、「出力ルーチン」の構築法について学ぶことになるだろう
(まあ、CTAN あたりを隅々まで漁れば既製品が見つかるかもしれないが)。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 23:28:30
>45
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1076890025/
逆ギレ&マルチ乙

50 :47:2006/08/07(月) 00:44:20
質問者は「oft」パッケージの話をしているようだが、
確かにそんなものの話はどこにも書いてないだろうね。
てっきり「otf」パッケージの話だと思い込んでしまった。どうも失礼。
# いずれにせよ、「パッケージの使い方」(単に、「使うべきパッケージは
# \usepackage で読み込む」というレベルのこと)もふまえていないようでは
# 話にならないのだが。

51 :48:2006/08/07(月) 02:43:38
>>44
あと、「どういう状況で何をしたいか」をもう少し詳しく説明すれば、
もっとマシな返答が得られるかもしれない。
例えば、「(例の)! Too many unprocessed floats. のエラーを回避するために
適宜未出力の float を吐き出させたい」という場合(これは FAQ だが)なら
「改ページなしで未出力の float を吐き出させるコマンド」というものを
使わなくても別の方法で実現できることが知られている。

52 :48:2006/08/07(月) 03:29:30
…… と書いたが、例の \afterpage{\clearpage} では結局 \clearpage を
やるわけで、質問者の意図通りの出力にはならないかもしれない。
いずれにせよ、何が有効かは状況次第だね。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 11:00:57
>>51
レスありがとうございます.
状況を説明いたしますと
文章が極度に少なくfloatばかりのセクション(Aとする)がありまして,
次のセクション(Bとする)に移る前に,Aのfloatを出力したい
という状況です.
そのままですと,Aの文章,Bの文章が来まして,
そのあとにAのfloatが来てしまいます.
ですんでBの直前にAのfloatをflushさせたいというのが希望です.


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 11:31:47
>>53
float 使わなきゃいいんでは?

55 :48:2006/08/07(月) 11:41:20
>>53
それなら、先に書いた \afterpage{\clearpage}(要 afterpage パッケージ
(このパッケージは標準的に使えるはず))という形で \clearpage を行う、
という方法を試してみるとどうだろうか。
少なくとも、ある節の float がよその節に入り込む事態は避けられる。
# 最後の数個の float だけでスカスカのページができるのが嫌なら……
# \afterpage{\clearpage} で float を吐き出させた後に「最後に残った」float を
# 置いてみるとマシになるかもしれない。

>>54
「自分で最終的な出力までの面倒を見る文書」を作成している
場合にはその手でも構わないのだが。

56 :48:2006/08/07(月) 11:48:02
>>55 では
>少なくとも、ある節の float がよその節に入り込む事態は避けられる。
と書いたが、これは「……避けられるかもしれない。」と訂正。
# どうやってもうまく収まらない場合もたまにあるので。

57 :44,53:2006/08/07(月) 16:50:02
\afterpage{\clearpage}で
うまくいきませぬ

とりあえずhere.sty使って凌ぐことに致します.
flush欲しいなぁ...


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 17:09:57
float の位置を指定したいという質問をよく見掛けるけれども,
そもそも float の位置を指定したいという欲求が float を使う
ことと矛盾しているように思う.

位置を指定するつもりなら,>>55 の言う「自分で最終的な出力
までの面倒を見る文書」を作成している場合に相当しているの
ではないか?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 12:35:23
色の付いたboxに白抜きでテキストを書きたいと思いまして
\documentclass{article}
\usepackage{color}
\begin{document}
\colorbox{red}{\textcolor{white}{text}}
\end{document}
としました.
dvipsにて作ったpsは意図通りの出力になるのですが,
xdvi上では,色つきのboxは出力されるもののテキストが見えません.
環境はxdvik (22.84.8)でDebian sargeのものを使っています.
こういうもんなんでしょうか.


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 12:48:59
>>59
\usepackage[xdvi]{color}

61 :60:2006/08/14(月) 12:52:22
>>59
確認せずに>>60を書いてしまった。すまん。
>>59のソースでもxdviできちんと期待通り表示できた。
VineLinux3.2 + xdvik-22.40y1_jp-0vl2.2

62 :59:2006/08/14(月) 12:58:51
>>61
レスありがとうございます.

Vineと当たってるパッチが違うということでしょうか
ちょっと調べてみます.


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 21:28:35
xdviの表示はそういうもんだと割り切るのがよい

そもそもcolor/graphcs|xパッケージは
dvipsを念頭においてる部分が大きい
ちなみにxdviオプションはdvipsオプションと同じだ
なにしろ定義は
\DeclareOption{xdvi}{\ExecuteOptions{dvips}}
だからな.

でだ,ついでにいうと,
xdviの日本語パッチ作成のメンバには
アクティブなVine使いがいるので,
他のディストリよりも手当てが
行き届いてる可能性は十分ある.

主観でしかないが
TeXに関しては,いまでもVineが
一番しっかりしてるのではないかと思う


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 21:56:51
ぶっちゃけWindowsのほうがまともだけどね

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 10:07:36
昨日アップデートしたpdfpageって、pdfTeX (pdflatex) and VTeXしかサポートしていないんだな。。。


66 :63:2006/08/15(火) 22:15:03
>>64
ま,ここはUNIX板だから,UNIX系OSに限定しただけさ.

角藤先生のWin32TeXは間違いなく最強の部類の配布だし
おそらく最先端のものであろう.
なにしろTeXLiveのMLとかに流れたよさげなpatchは
がしがし適用されるし,角藤先生自身も
dvipsのパッチ作ってあてたりしてるし.

だが・・最先端すぎて困ることもあったりする
最新のLaTeX2eがpLaTeX2eとあんまり相性がよくない変更されてて
一時期うまく動かなくなったりしたしな.

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 23:53:43
> 一時期うまく動かなくなったりしたしな

この問題って、もう過去形で語っていいんだっけ?

解消したら一式アップデートしようと思って様子見てたんだけど‥‥

68 :63:2006/08/16(水) 21:48:25
>>67
ASCIIのサイトにこの問題に対処したはずのベータ版があるから
それが角藤版に適用されているか更新履歴でみてみた

[2006/07/19]
(01) 略
(02) platex.tar.gz
pLaTeX, tascmac が更新された。
(03) ptex-3.1.10-w32.tar.gz
ptex, pltotf, tftopl が更新された。

これが当該ベータ版の反映だろう.ベータ版の配布が7/18だしな.
自己責任で試して,OKだったら報告してくれい
おれの手元ではそもそもこの問題が起きないように書いてるので
すっかり過去のものだと思ってた,すまぬ

この問題はそもそも数式の中で生の和文を書かなければ発生しない.
disablejfamしておけば問題ないんだ.



69 :67:2006/08/17(木) 00:28:58
あ゛ぁぁ、読み落としていた。恥ずい。
多謝 >>68

久しぶりに気合い入れてアップデートすべ。
(1か月近くベータのままってのは不気味で、地雷踏みそうな悪寒もあるが‥‥)


70 :67:2006/08/17(木) 17:39:34
アップデートして次のソースで試したところ、エラーなく処理され、
dviout で期待どおりに表示された。

\documentclass{jarticle}\relax
\begin{document}
$abc\mathbf{abc}\mathit{abc}\mathtt{abc}あいう$
\end{document}

この件については手当て済みということだと思う。
改めて多謝 >>68

ちなみに処理時のコンソール出力は以下のとおり。

This is pTeX, Version 3.141592-p3.1.10 (sjis) (Web2C 7.5.5)
(./test.tex
pLaTeX2e <2006/06/27>+0 (based on LaTeX2e <2005/12/01> patch level 0)
Babel <v3.8h> and hyphenation patterns for english, usenglishmax, ukenglish, ba
sque, bulgarian, coptic, welsh, czech, slovak, german, ngerman, danish, spanish
, catalan, estonian, finnish, french, irish, polygreek, monogreek, ancientgreek
, croatian, hungarian, interlingua, ibycus, bahasa, icelandic, italian, latin,
mongolian, dutch, norsk, polish, portuguese, pinyin, romanian, russian, samin,
slovene, usorbian, serbian, swedish, turkish, ukrainian, dumylang, nohyphenatio
n, loaded.
(f:/TEX/TEXMF/ptex/platex/base/jarticle.cls
Document Class: jarticle 2006/06/27 v1.5 Standard pLaTeX class
(f:/TEX/TEXMF/ptex/platex/base/jsize10.clo)) (./test.aux) [1] (./test.aux) )
Output written on test.dvi (1 page, 484 bytes).
Transcript written on test.log.


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 19:58:29
>>70

> この件については手当て済みということだと思う。

そうかな?

\documentclass{jarticle}

\begin{document}
数式モードにおいて,\verb+\mathbf{あいうabc}+で,
「あいう」はゴシックとなるはずですが,
\[ \mathbf{あいうabc} \]
\end{document}


72 :63:2006/08/17(木) 22:20:12
>>68
報告ありがとう.
2006/06/27が確かに最新のものであるのを
こちらでも再確認して,
すっかり記憶に埋もれてた.

>>71
ゴシックにならないか?
俺の手元は 2006/05/15 なんだが。。。ゴシックになってるぞ.

少し細かいことを書くと
実際は,少なくとも2006/05/15付けのplfont.dtxの更新で
pLaTeX2e側での手当てが行われて
Robustになった\mathrmなどへの和文対応が施され,
更にその手当てに対して少し修正があった
具体的には
フォント割り当てのタイミングが少し変わったはず.
これはtxなんかが自前で\mathrmを処理してたことへの対応で
これが2006/06/27に反映されてる

そのほか,2006/07/14にtfm関連のツールの修正
具体的にはJIS16区の扱いが修正されて,
2006/07/15にptexの中で変数の初期化の間違いが修正されて
2006/07/18にitemboxの不具合が修正されて
ベータ版の公開に至る
というような流れのはずなんだ

ベータ状態で時間が経ってるのは,
この変更は結構な奥地を触ってるので慎重になってるのか
はたまた,忘れてるのか(^^;;というとこじゃないかな


73 :67:2006/08/18(金) 09:30:39
漏れが落としたのは W32TeX 2006/08/16 だが、>>71 で書かれているとおり
\mathbf{あいうabc} の中の「あいう」は明朝で出力される。
これまで使っていたもの(W32TeX 2005/12/29)に戻してやってみると、
ゴシックになる。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 10:06:37
2006/06/27 v1.5 の jarticle.cls などでは、mathrmmc というクラスオプションを
適用しないと、\mathrm/\mathbf は欧文フォントしか切り換えないように
なっているらしい。

75 :63:2006/08/18(金) 21:52:03
再び済まぬ・・チェックが甘かった.
jclassesの方で和文対応のためのタイミングを変えたときに
mathrmmc オプションが追加されてた.
そしてこれがデフォルトでは有効にならないように
変更されてたんだ.
過去との互換性という意味では,
デフォルトで有効になってる方がよいかもしれん.

で,クラスファイルを作る人がいたら老婆心で一言
\DeclareMathAlphabetを使うパッケージ(tx/pxが代表的だが)を
使うときには今のjsclassesのように
\AtBeginDocumentでタイミングを
ずらさんと期待通りにならないと思う.

では。。。修行しなおしてくる


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 22:37:19
参考文献を BibTeX で出力させているのですが、
雑誌名を略称で出力させようとしています。

これは .bst ファイルで整形するものなのか、
.bib ファイルで整形するものなのか教えて下さい。

.bst で操作されるものだと思い、色々な .bst ファイルを
試しに使ってみたのですが、雑誌名を略称にしてくれる
ものは見つかりませんでした。


77 :76:2006/08/18(金) 22:41:22
ついでに、.bst ファイルを自分で書く場合、参照した方が良い
書籍やウェブサイトがあったら教えて下さい。

自分の望む出力に近い .bst ファイルを使って、手を加えて
望みの出力を得ようとしているのですが、悪戦苦闘してます。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 00:20:11
>>76,77
第三版「美文書」の177ページは?
短縮名→正式名称のマクロ例が載ってるので、逆をやればよいのでは。

79 :76:2006/08/19(土) 01:59:41
>>78

サンクス。今手元に無いので、明日見てみます。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 09:44:41
>>78
あんたは偉い。そんな方法を思いつかなかった。
いままで雑誌名データベースとperlで対処していたけど、
そんな必要はなかったのね。
あっ、>>76じゃないよ

81 :76:2006/08/20(日) 18:36:06
だめでした……

.bib ファイルの先頭付近に。
MACRO {NS} {"Nature Science"} または
@string{NS = "Nature Science"} などのように表記して
おくことで、雑誌名を置き換えてくれる仕様のようですが、
元の .bib ファイルに省略形(スペースを含まない)で
表記しておかないといけないようで、>>78 のすすめてくれた
逆の変換はうまくいきませんでした。

やっぱり雑誌名のリストを作って、perl あたりで検索置換
させるしかないんでしょうか。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 20:25:32
手元の TeX 環境で plain.bst と ieeetr.bst を見くらべてみた。

plain.bst
MACRO {ieeetc} {"IEEE Transactions on Computers"}
ieeetr.bst
MACRO {ieeetc} {"IEEE Trans. Computers"}

こんな感じでスタイルによって略したり略さなかったりするみたい。
単純にこの部分を書き換えた .bst ファイルを作るってのじゃダメかな?

83 :78:2006/08/20(日) 21:05:53
>>81,82
82の示したことをいま試していました。jplain.bstに

MACRO {映像情報メディア学会技術報告} {"映メ学会技報"}
MACRO {情報処理学会DBS研究会技術報告} {"情処学会DBS技報"}

と追記して、以下のbibtexエントリ

@Article{hayashi2001,
author = {林 正樹 and 道家 守 and 有安 香子 and 浜口 斉周},
title = {テレビ番組記述言語TVMLとその展開},
journal = 映像情報メディア学会技術報告,
year = 2001,
volume = 25,
number = 27,
pages = {27--32},
yomi = {Masaki Hayashi and Mamoru Douke and Kyoko Ariyasu and Narichika Hamaguchi}
}

を処理したところ、ちゃんと

\begin{thebibliography}{1}
\bibitem{hayashi2001}
林正樹, 道家守, 有安香子, 浜口斉周.\newblock テレビ番組記述言語tvmlとその展開.\newblock 映メ学会技報, Vol.~25, No.~27, pp. 27--32, 2001.
\end{thebibliography}

という結果が得られました。
# 78の時点では思いつきだけでテストしてなかったんですが。
# あと、上で挙げた論文については、手元にあったもので、他意はありません。
# なんか、改行多すぎとか言われたので、見苦しくなっています。

84 :76:2006/08/20(日) 22:52:29
どうも雑誌名にスペースが入っていると、置換対象として
ひろってくれないらしいです。

Journal = Nature_Science だといけるんですが、
Journal = {Nature Science} だとだめです。

ちなみに、スペース無しでも括弧{}で囲んであるとだめでした。
Journal = {Nature_Science} ←こんなのもダメ

85 :78:2006/08/21(月) 00:15:19
>>84

スペースについては素直に、例えば

Journal = Journal~of~Nature~Science

として、.bst内で

MACRO {Journal~of~Nature~Science} {"J. Nature Sci"}

というふうにすればよいのではないでしょうか。これはテストしたら動きました。
で、カッコ{ }のほうは、それはそんなもんとして、くくらないという
選択もありではないでしょうか。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 05:27:27

http://www.cs.stir.ac.uk/~kjt/software/latex/showbst.html


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 06:42:07
このスレの過去ログをにくちゃんねるで探しているんだけど、
第三章って途中で落ちちゃったの?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 11:10:33
>>87
996レスまでじゃないかな

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 12:31:19
正式名称→略称はやっぱりだめか。。。~は改行されないので基本的に使えないだろ。
いままで通り対照表とperlでやるよ。Endonoteとかは、そのあたりはワンタッチで
できるようなことをどこかで読んだ。(ToT)

90 :82:2006/08/21(月) 16:59:45
そうか、勘違いしてた。
あくまで journal 部分にはそのまま雑誌名が書かれてるのね。
それじゃあ >>82 で書いたやり方は使えないか。
ていうか、>>81 を読んだ時点で気づかないと。

個人的には、>>81 で書いてあるように @String で定義しておいて
個々のエントリーで必ずそれを使うようにするのが一番スマートだと思うけど、
いまさらそんなこと言っても遅いか。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 17:34:00
xdviでdviファイルを開いて印刷すると, 図として張り込んだepsが印刷されません.
現在は回避策としてdvipdfmxでpdfに変換してから印刷しているのですが,
上記の原因が分からなく, 根本的な解決に至っておりません.
同等な事例の解決法をご存知の方は居られませんでしょうか.

・xdviでプレビューの時点では正常にepsの図が表示されでいる.
・その状態でprintボタンを押して印刷すると, epsの図の部分が空白になっている.
・dvipdfmxでpdfに変換してから, アクロバットリーダで開いて印刷すると正常にepsの図も印刷される.

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 17:38:32
>>90
雑誌の種類が少ない場合はそれでもいいかもしれないけど、雑誌が100種とか1000種になったら、
を超えたら、@Stringで自分で略語を作って覚えるにも限界がある。bibファイルって使いまわす
から、オプションか何かを指定する程度の簡単さで正式名称/略称が切り替わってくれないと、
本当面倒。論文の本質的な部分でないところに神経をそがれないようにしてくれるはずのTeX
なのに、この点はちょっと困る。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 17:40:40
>>91
っていうか、印刷する前に、dvipsの結果は?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 17:41:34
>>88
やっぱりそうなんだ。ありがとう。
質問する前に調べるつもりで探しているんだけど参ったな。

2chは金を払えば過去ログ見られるんだっけ?
にくちゃんねるみたいになくなっているのは困るんだけど大丈夫かな。
誰か知っている人いませんか?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 17:46:38
>>93
dvipsはまだ試していませんでした.
また後日試してみます(大学にある計算機なので).

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 17:47:38
>>94
どっかで「●持ちに頼んでdat落ちスレをうpしてもらうスレ」みたいなのがあった気が酢

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 18:27:17
同じ悩み
ttp://www.tug.org/pipermail/texhax/2004-July/002479.html

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 18:41:57
ttp://www.tug.org/pipermail/texhax/2004-May/002049.html
こっちは、3つの提案をしながら、事実上、sed/awk/ruby/perlを使えって切り捨てているな。
結局、@meta:でちまちま書くか、perlで一括変換するか、だな。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 20:41:51
>>94

>>96 が言ってるのの現行スレッドは

読めないdat落ちスレを読むためのGLine[89]
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1140057115/
読めないdat落ちスレのhtmlミラー避難所
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1118753283/

で、dat用のスレが落ちたんで現在は上がHTMLとdat兼用になってる。

そこのテンプレにあちこちのミラー串刺し検索機があるけど、
お探しの

\chapter{\TeX} % 第三章
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/unix/1059616013/

については確かにどこのミラーも持ってなさそうだから、
そこまで真面目に探したいなら[89]スレで頼んでみれば
多分一日待たずに誰か補完してくれるよ。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 22:47:29
>>95
xdviは自前では印刷できない.
裏でdvipsをまわしてPSを作って,
lprなり何なりにまわしてるだけ.


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 23:58:52
>>99
ありがとう。今から頼んでみます。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 03:42:16
\chapter{\TeX} % 第三章のほぼ全文が手に入りますた。
ミラーサイトってにくちゃんねるくらいしか知らなかったけど、
実際には無茶苦茶多くてびっくり。
親切な人の指摘でその内の一つから見つかりました。
ネット様様です。>>99さんにも感謝です。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 05:05:39
>>102
あっちも見てきたけどw どうしても必要ならば
書式不備って言われたらお詫びの後で改めて
「その6で956/996」を活かして依頼すれば
残り40レスもきっとなんとかしてくれるよ。
少し間は空けた方が良いかも知れんけどw

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 12:07:10
tp://tug.ctan.org/pub/tex-archive/macros/latex/contrib/GuIT/guitbeamer/guitbeamer.pdf
すげー。inspireされた。この影付きのボックス作ってみようっと。↑あっ、httpじゃなくてftpね。

105 :104:2006/08/25(金) 12:10:15
こっちの方が分かりやすかった。ftpです。
tp://tug.ctan.org/pub/tex-archive/macros/latex/contrib/GuIT/guitbeamer/img/clsexpl.pdf
tp://tug.ctan.org/pub/tex-archive/macros/latex/contrib/GuIT/guitbeamer/img/cmdexpl.pdf
tp://tug.ctan.org/pub/tex-archive/macros/latex/contrib/GuIT/guitbeamer/img/docexem.pdf
tp://tug.ctan.org/pub/tex-archive/macros/latex/contrib/GuIT/guitbeamer/img/latexsymb.pdf
tp://tug.ctan.org/pub/tex-archive/macros/latex/contrib/GuIT/guitbeamer/img/pkgexem.pdf


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 18:30:52
↑なんでfを抜くんだろうか

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 18:38:52
リファラ残るからとかじゃね?w

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 20:44:36
ftpはリファラないじゃんかよ

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 23:02:50
バッカIP抜かれたらヤバイじゃんw

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 03:33:21
昨日今日と、2chトップの検索フォームにtexと入力してもこのスレッドが
結果に出てこないんですが(chapterで探すと出てくる)、なんなんでしょうね。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 03:44:30
板違い。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 21:44:02
MetaPostで二重線の矢印を引きたいのですが、なかなかコマンドが見つかりません。
自作マクロを作成しないと駄目ですか?既存のコマンドはありませんか。

113 :112:2006/09/05(火) 11:31:02
ttp://www.math.kth.se/~tek/cm_arrows.html
を見付けたけど、XY-Picの方がよさげだったので、XY-Picにした。
でも\xymatrix{}ばっかりで\xygraph{}の情報少なすぎ。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 11:16:33

SHIMAさんのxy-picの解説
http://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/inputxy.pdf#search=%22inputxy.pdf%22
にも\xygraphの説明無いですね。

分野に依存しますね。


115 :112:2006/09/06(水) 20:25:39
>>114
おぉ、これまだ見ていなかった。ありがとう。
でも、すでにここ2日で\xygraphに自作関数をがしがし追加できるようになったよ。
二重線矢印(@{=>)を別のオブジェクトに重ねたときに、二重線の隙間が透けてしまう
のが今の課題。eps化して、tgifに取り込んで縁なし白四角で透けたところを覆ってみ
たけど、微妙に納得がいかなかった。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 12:33:57
biblatexを使ってみた人いる?いれば感想をお願いします。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 18:44:07
ttp://www.tex.ac.uk/tex-archive/help/Catalogue/entries/biblatex.html
これか
ぶちあけBibTeXとどう違うんだろ

118 :116:2006/09/08(金) 19:09:41
理解した範囲では、訳の分からないBibTeXの文法とおさらばして、LaTeXチックな文法で
bstを書こうじゃないか、そしたらもっと自由に簡単にbstを書けるよ、みたいな感じなん
だけど。実際使ってみた人はいるのかな。

119 :114:2006/09/11(月) 11:04:34
>>112

http://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/input9.pdf
を忘れてた。
こっちには\xgraphあります。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 00:37:52
\sectionで章番号を任意の番号から表示するにはどうしたらいいですか?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 00:43:50
マルチ死んでください

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 09:41:06
>>120 RTFM
少なくとも、\setcounter についての説明を読んだこともなければ「勉強不足」。
それ以前に、\section を「章」なんて称している時点でねぇ……

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:16:49
>>122
>>120はRTFMも分からないと思われ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:45:18
本文はゆったりと、紙数制限のため、付録は徹底的に詰め込んで組みたい(付
録だけで300頁を越えてしまった。本文は 250ページほど)。本文は 12pt の
A4 book 環境に、appendix の章は、フォントの normal size を 10pt (出来
れば 8pt の方がいいが), marginpar なし、2段組にしたい。text を2つに分
けることも考えたが、目次、索引、相互参照の作成に困る。いろいろな
counter の自動受け渡しができれば、pdf ファイルで2つをあわせてもよいが。
なにかうまい方法はないか。


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 12:44:31
\normalsize 等の再定義は \appendix の中で行えばいい。
段組の変更も \appendix の処理に仕込める。
また、\clearpage を行った直後であれば、\textwidth などのたいていの
ページレイアウト・パラメータを再設定してもよい。
\def\appendix{%
\clearpage
<各種再設定>
\normalsize
\twocolumn}
あたりでもどうにかなりそうだが、どうだろうか。
# なお、文書クラス(あるいはクラスファイルの名称)に対して「環境」とは言わない。

126 :125:2006/09/12(火) 18:00:00
……と先に書いたが、本文と付録を別ファイルに分けたとしても、
ページ番号などのカウンタは \setcounter でいじればよく、
また、ファイルをまたいだ相互参照には xr パッケージを使うという手もある。
索引については idx ファイルを手動で連結して、連結後の idx ファイルを
mendex で処理させればよい。
目次についても、toc ファイルを手動で連結すれば(体裁の調整は要るかも
しれないが)大体間に合うだろう。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 15:30:55
>>123
RTFMと言う対象がRTFMを理解しない初心者だなんて
なかなか笑える話だな。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 19:12:54
>>127
まぁまぁ初心者いじりはそのへんで。

昨日 CTANにforloopなるパッケージが投稿されたので試してみたけど、なんか使い道あるの?
しかも、2重ループにできないみたい。

おぉという使い道を思いついたら曝してくれ。

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{forloop}
\newcounter{i}
\begin{document}
\noindent\forloop[1]{i=1}{\value{i} < 13 }{\arabic{i}月\\}
\end{document}
↑おれがとりあえず思いついたのはこれ。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 20:33:09
tetex ってもう開発終了したらしいけど latex3 ってどうなってるの?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 21:29:41
>>129
tetexの開発とLaTeXの開発は無関係だ

あちこちから集めないと使い物にならない
TeXっつーシステムを構築しやすいように
T.E.さんが実際に集めて,いろいろなツールを整備して
配布してたもの
LaTeXはあくまでもTeXのマクロパッケージである.
tetexに変わって,TUGが出してるTeXLiveが
今後の配布の主流になるんだろうな

tetexとLaTeXは独立なものであり,LaTeX3だって
亀の歩みですすんどるわ.
LaTeX本家のサイトをみろ.実験コードもころがっとる.



131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 11:02:12
jsbook環境を使用しています
\section{hoge}
\subsection{hogehoge}
と記述すると
1.hoge
1.1hogehoge
と出力されますが、これを
1.1hoge
1.2hogehoge
と出力したいと思っています。今私が行っている方法は
\setcounter{section}{1}
\setcounter{subsection}{0}
\subsection{hoge}
\subsection{hogehoge}
という方法なのですが、この方法だとsection1とsection2の間に新しく別のsectionを挿入したくなったときに
それ以降のすべての\setcounter{section}{*}を書き換えねばならず、面倒です。
\setcounter{section}{section+1}に相当するような記述は、どうすればいいのでしょうか。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 11:11:11
>131
\addtocounter{section}{1}

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 11:21:59
1の大好きな人ありがとう
望みの出力が得られました。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 17:22:13
>>128
今 CTAN から落としてきたが,多重ループも OK では?
例えば,次のようなのはまともに処理できる.
# 使いみちとしては,\author で与えた著者リストをいったん一人ずつに
# 分割して記憶させた後,\maketitle の処理の中で適宜整形させて
# 出力させてみるとか?
# (これをやるには,\loop/\repeat や \@whilenum でも充分だが.)

\documentclass{article}
\usepackage{forloop}
\newcounter{n}
\newcounter{m}
\begin{document}
%%% \forloop[カウンタの増分]{カウンタ名}{初期値}{継続条件}{処理内容}
%%% (カウンタの増分のデフォルト値は 1(\forLoop も同様))
\forloop{n}{0}{\value{n}<5}
{\forloop{m}{0}{\value{m}<5 \AND \value{m}<\value{n}}
{[\arabic{n}.\arabic{m}] }}

%%% \forLoop[カウンタの増分]{初期値}{終値}{カウンタ名}{処理内容}
\forLoop{0}{4}{n}{\forLoop{0}{4}{m}{[\arabic{n}.\arabic{m}] }}
\end{document}

とはいえ,ifthen パッケージ(forloop パッケージはこれを使っている)には
\whiledo があるから,
\newcommand\forloop[5][1]{%
\setcounter{#2}{#3}%
\whiledo{#4}{#5\relax \addtocounter{#2}{#1}}}
で済んでしまい,CTAN に載せるほどのものでもないと思うのだが
(\fooLoop のほうはちょっと細工が要るが似たようなもの).
とりあえず,今後の機能拡張に期待するところだろうか?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 12:28:12
>>134
\newcommand\forloop[5][1]の[1]はどういう意味?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 14:06:17
\newcommand に第 2 オプション引数があるときには、
“定義しているマクロにオプション引数があり、かつ、
定義しているマクロのオプション引数のデフォルト値が
\newcommand の第 2 オプション引数となる”。

\newcommand\forloop[5][1]{...} の場合なら、
\forloop の 5 個の引数のうちの最初の 1 個はオプション引数で、
そのデフォルト値が 1 となる。
したがって、\forloop{n}{0}{...}{...} は \forloop[1]{n}{0}{...}{...} と同じこと。
もちろん、\forloop にオプション引数を与えたらそれはそのまま用いられる。
# これ以上のことについは、latex.ltx での \newcommand の定義を直接調べてくれ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 16:34:56
jsbook環境の縦書きモードの質問です。
現在文字数行数を、それぞれ40×40で出力しているのですが、
これだと印刷したときに紙のまんなかにどばっと文字の塊が出来て、見栄えがよろしくありません。
そのため40文字×20行---2行分空白行---40文字×20行という出力に変えたいと思います。
が、方法がわかりません。
どういった方針で考えればよいのでしょうか。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 18:20:14
「40×20で組んで奇数ページ偶数ページでマージンを変える」という方針

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 21:18:14
>>137
なぜ2段組にしない?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 21:57:55
>138
もうしわけありません言葉足らずでした。
その方針は一度試みたのですが、ページ出力が左→右となってしまったことと、
一つの紙に2ページが出力されることが気に入りませんでした。
一つのページが二つの箱?に分かれている出力にしたいと思っています。

>139
二段組にすると上下に分割されますが、左右に分割したいのです(´・ω・`)

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:23:23
>>138 だけど最終目的は何?
・そういう dvi が作りたい→シラネ
・そういう印刷がしたい→ psnup なり何なり使えば?


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:28:59
>>137

実現するには出力ルーチンに手を入れなきゃならんだろうねぇ‥‥

この話題に反応したと思われる某達人のコードも見かけたけど、
どうやら出力ルーチンの下請けのマクロをいじってるみたいだし
※ それ以上の読解力は持ち合わせてない‥‥ orz

そもそも、ページの途中に大きな空きがあるなんて、読者にとっては
迷惑だと思うよ。ページの真ん中に集まるのがどうしても見苦しいなら、
レイアウト関係のパラメータを調整した上で、標準の行送りを
大きめにしてみたら?


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:10:06
時折「某達人のコード」を挙げる人がいるけれど
どこに行ったら見られるんでしょうか?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:29:56
適切な位置に box 切って流し込んでやりゃいいじゃん。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 06:18:53
>141
最終的には、もちろん印刷はするのですが、加えてpdf形式で保管しておきたいと思っています。
また、psnupを使用した場合、ページが左→右と出力されると思いますが、
日本語縦書きでこれをされると非常に読みづらいものになってしまいます。

>142
達人のコード読みたいです(´・ω・`)
行間隔は、開きすぎると逆に読みづらくなると思います
原稿用紙に書いているイメージを実現したいと思うのです。

>143
1ページくらいであれば手作業でなんとか、とも思いますが、何十ページもboxを作るのはさすがに……

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 06:19:23
すいません
最後のレス番号は143ではなく144です

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 11:07:57
>>145
オプション試したのかよ。
psnup -2 -r tate.ps > tate2.ps
してみな。


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 22:18:54
某達人のページはURLの公開が禁じられてるから.
で,某達人の理解がおそらく正しいであろうから
psnupでは多分無理.
#俺も「原稿用紙」という言葉を読むまで
#「なにいってんだ,こいつ」って感じだった

でだ,これは >>142 がいってるように
\outputをいじらない限り無理.
どこをいじればいいかというと
twocolumnのときに右・左(縦のときは上・下)を
配置するルーチンがあるのだが,
そこをいじって配置を変えるってことだろう
具体的にはlatex.ltxの\@outputdblcolだ.
よく見れば,どういう風にページが構成されているかわかるから
そこを細工する.
某達人のコードは更に精密だが,
そこまではとりあえずは考えなくてもよかろう




149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:49:56
ttp://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/compedu/?%A5%EA%A5%F3%A5%AF%A4%CB%B5%F6%B2%C4%A4%CF%C9%D4%CD%D7%A4%C7%A4%B9

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 10:22:34
>>148
原稿用紙そのもののTeXスタイルならあるんだけどねぇ。
原稿用紙に書いて郵送しろという投稿規定の雑誌に投稿したときにはお世話になった。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 10:25:51
>>149
本人がそういっているなら構わないともうけど、自分のWebサイトが某スレのテンプレに
延々と入っていたときはいい気はしなかったな。やっぱり、2ちゃんねるは2ちゃんねるだもん。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 11:21:22
そんなこと言ったら
やっぱりインターネットはインターネットって言うのと同じことで
(2ちゃんをひとくくりにするにはあまりに多様すぎる)
リンク自体拒否ってことになっちゃうよ。

私のサイトはいろんな板で紹介されてるけど、他のサイトでリンクされてるのと
同じ印象しか持たない。私がそうってだけで、他人には強制しないのは当然だけどね。

スレ違いすまん。

では閑話休題。

153 :142:2006/09/27(水) 11:52:37
「某達人」のコードを転載しておく。

このコードについて、転載元のページには、
次の2条件をみたす限り、使っても構わない、ただし,無保証
というようなことが書かれている。
   ●次の情報のいずれをも明かさないこと
     ・転載元ページのURL
     ・書き手が誰であるか
   ●転載元ページに書いてあることを「某達人」自身が自分の著書などで
    用いることを妨げない

従って、漏れがここでそのURLを書けば著作権侵害ということになる。
※ >>149の参照先で論じられているような、リンク先の許可を受けずに
  リンクを張る行為とは、まったく別次元の話

下のコードをローカルに保存して使ったり、さらに他に転載した香具師が
「某達人」のURLを晒したような場合も同様だろう(正確なところが
知りたかったら弁護士にでも相談してくれ)

それ以外の香具師が晒すのは権利侵害にはならないかもしれないが、
おそらく「某達人」にとって気持ちのいいことではなかろうから、
臍を曲げて、今後、2chでの話題に関して自分のページで
触れなくなるようなことになりかねん。そうなったら、漏れにとっては
貴重な情報源を失うことになるし、ここに出入りする
多くの香具師にとっても不利益だろう。

---「本文が長すぎます」と叱られるので、コード自体は別発言に


154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 11:55:39
コード晒すなら書き込み時の注意よく読んどけよ。

155 :142:2006/09/27(水) 11:57:00
\documentclass[landscape]{tarticle}
\makeatletter
\newdimen\middlegap
\newif\if@splitpage
\def\splitpage{%
\clearpage
\global\columnwidth\textwidth
\global\hsize\columnwidth
\global\linewidth\columnwidth
\@splitpage@setup%%% \@colht を設定
\global\@colroom\@colht
\global\vsize\@colht
\@floatplacement
\global\let\@dblfloat\@@float
\global\let\end@dblfloat\@@end@float
\global\@splitpagetrue
\global\@firstcolumntrue
\col@number\tw@%%% このあたりは丁寧には吟味していない.
\global\@twocolumntrue}


156 :142:2006/09/27(水) 11:57:51
(続き)
\def\@splitpage@setup{%
\dimen@\textheight
\advance\dimen@-\middlegap
\divide\dimen@\tw@
\global\@colht\dimen@}
\def\endsplitpage{%
\clearpage
\global\columnwidth\textwidth
\global\hsize\columnwidth
\global\linewidth\columnwidth
\global\@colht\textheight
\global\@colroom\textheight
\global\vsize\textheight
\@floatplacement
\global\let\@dblfloat\@@dblfloat
\global\let\end@dblfloat\@@end@dblfloat
\global\@splitpagefalse
\col@number\@ne
\global\@twocolumnfalse}


157 :142:2006/09/27(水) 11:59:01
(続き)
\let\@@float\@float
\let\@@end@float\end@float
\let\@@dblfloat\@dblfloat
\let\@@end@dblfloat\end@dblfloat
\def\@outputdblcol{%
\if@firstcolumn
\global\@firstcolumnfalse
\global\setbox\@leftcolumn\box\@outputbox
\else
\global\@firstcolumntrue
\setbox\@outputbox\vbox{%
\if@splitpage
\box\@leftcolumn
\dimen@\middlegap
\advance\dimen@-\columnseprule
\divide\dimen@\tw@
\vskip\dimen@
{\normalcolor\hrule \@height\columnseprule}%
\vskip\dimen@
\box\@outputbox
\else
\hb@xt@\textwidth{%
\hb@xt@\columnwidth{\box\@leftcolumn \hss}%
\hfil
{\normalcolor\vrule \@width\columnseprule}%
\hfil
\hb@xt@\columnwidth{\box\@outputbox \hss}}%
\fi}%


158 :142:2006/09/27(水) 12:00:18
(続き)
\if@splitpage\else \@combinedblfloats \fi
\@outputpage
\if@splitpage\else
\begingroup
\@dblfloatplacement \@startdblcolumn
\@whilesw\if@fcolmade\fi{\@outputpage \@startdblcolumn}%
\endgroup
\fi
\fi}
\expandafter\def\expandafter\@outputpage\expandafter{%
\@outputpage
\if@splitpage \@splitpage@setup \fi}
\makeatother

%%% \textheight の設定
\middlegap=2\baselineskip %%% 中間を 2 行分開ける
\textheight=40\baselineskip %%% テキストは 40 行
\advance\textheight\middlegap %%% 空ける分を加算


159 :142:2006/09/27(水) 12:00:54
(続き)


\begin{document}
\def\TEXT{%
■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□\par}
\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT

\splitpage
\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT

\endsplitpage
\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT\TEXT
\end{document}


160 :142:2006/09/27(水) 12:05:00
やっと書込み終わったが、インデントなしだと読みにくいねぇ‥‥

あ、使い方は入力例のところを見て見当付けるように。

161 :142:2006/09/27(水) 12:14:25
>>154
ウッ‥‥

注意事項とかよく調べずに書込んじまったけど、
なんかまずいことしちまった?

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 15:18:12
要するにあれだ、>>142が某達人某達人と壊れたレコードのように
このスレで繰り返すのをやめれば全てが解決するわけだ。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 15:24:36
だな。
URL も教えられないようなサイトの話を
ここでされてもしょうがない。

164 :142:2006/09/27(水) 15:28:23
>>162 >>163
スマソ

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 20:25:13
>>153
コードを転載せずに、URLだけ貼ったらどうなんですかねぇ〜
それとも、「貼られたURLから辿ったところのコードを使ったら著作権侵害」なんですか?

「俺は某達人のURLを知ってる」と自慢してるのだろうか?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 20:35:34
>>165
余りひねくれた見方をしなくてもいいじゃん。
その某達人の人がURLを教えちゃダメと言ってるんでしょ。
だったら仕方ない。その制約を守ってコピペしてくれてるんだから
>>142は良い人だと思うよ。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 20:45:08
>>166
そうれもそうっすね。すまん。

しかし、某達人さんも嫌な書き方ね。素直にリンクしないでくれと書けばいいのに。
そしてそれなら公開しなければいいのに。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 22:08:08
URL を貼るなと強制できないでしょ。
そんなもんに著作権を主張することもできないし。
「火にコピーライトを!」を思い出した。

ウェブ上に公開している意図が分からん。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 22:18:46
>>168
元のサイト知らんけど、
著作権を根拠にしてるの?

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 22:30:37
法律じゃなく倫理や信義の問題でしょ。
法律違反じゃなければ何をしても良いわけではない。
制作者の人の意図はよう分からんが
>>142が筋を通そうとしているのは分かる。

この話題はもういいんじゃね?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 22:39:00
いいんじゃない?

責任は>>142が取ってくれるんだし。

|投稿確認
|・投稿者は、投稿に関して発生する責任が全て投稿者に帰すことを承諾します。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 23:07:48
>>171
恥ずかしいセリフ禁止!(by藍華)

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 23:11:43
キモイ

174 :171:2006/09/27(水) 23:23:13
ごめん、171の「いいんじゃない?」は>>170の「もういいんじゃね?」を
受けてのつもりだったんだが。すまん。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 23:24:45
>>172
なにそれ?

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 06:18:33
>>175
新感覚ヒーリング漫画の中のツンデレキャラの照れ隠しセリフ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 13:07:03
でっかい脱線話です!

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 17:19:25
あらあら。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 17:31:07
kimoi

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 00:52:09
A4紙、一行25文字、左右のマージンは3cmずつという投稿規定のため、文字の間隔を
空けようとしているのですが、なかなかうまくいきません。
奥村さんのjsarticleの349行目のkanjiskipの値を変更し、日本語の間隔は変更できたのですが、
英語表記(1バイトのアルファベット)の部分は詰まったままです。
英語表記の部分もスカスカにするにはどうすればいいんでしょうか?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 01:13:36
「欧文文字の」字間スペース、なんてパラメータは(少なくとも、pTeX には)ない。
手動で \hspace{...} でもいちいち入れるか、全角で書けば?
# それ以前に、その指定なら、1 文字 = 6mm 角のつもりなのだろうから、
# 文字サイズをそのサイズ(ほぼ 17pt)にして、マージンだけ合わせれば
# いいだろうに。
# なお、もし、「文字サイズ * 1 行の文字数 + 左右のマージン =
# 紙面幅」の関係をみたさない指定が(例えば、文字サイズに)なされていたら、
# そんな投稿規程は無視するしかなかろう。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 01:27:11
……と書いたが、変な指定を「無視する *しか* ない」というわけでも
ないか(実際、\kanjiskip/\xkanjiskip でいじれはするが、もちろん、
和文のみの文書であっても(\kanjiskip が入らない組み合わせがある都合で)
完全ではない)。
# そもそも、変な指定をしてこなければいいのだが、それは
# 指定する側の問題か……

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 09:07:10
>>180
全角アルファベットを使う


184 :180:2006/09/30(土) 10:12:24
>>181-183
ありがとうございます。
そして、ごめんなさい。
投稿規定を良く読むと、マージンは「3mc以上」でした(汗
どうりで、コンマの後の半角スペースとかをどうやって見極めるつもだろうかとは思っていたんですが。
いろんな意味で良い勉強になりました。。。

185 :180:2006/09/30(土) 12:56:01
すみません、また質問させてください。

私の論文の本文は日本語なのですが、引用文献のほとんどが英語表記です。
英語に関する規定では、以下の点が禁止されています:
・ハイフネーションによる改行
・紙面の幅にあわせたスペーシング
要するに、単語の終わりで改行して、右側の行末は凸凹させておけというものです。

ハイフネーションを無効化しようと、\pretolerance=10000などとすれば、間がゴッソリ空きます。
これはもう、\obeylinesや\obeyspacesで書くしかないのでしょうか?
なにか妙案はないでしょうか?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 13:21:07
\raggedright

187 :180:2006/09/30(土) 14:45:52
>>186
ありがとうございます!できました!

清書をお任せで組み版するのは楽ですが、私の意図した挙動を
強いれるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。。。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 10:26:58
biblatexが活発。どんどんバージョンが上がっている。今は0.4。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 19:07:43
フロートで別ページとして出力される大きな図表があるのですが,
この図表が出力されるページのフッタ(ページ番号)を消したいです.

\thispagestyle{empty}
をフロートの前後で試しましたが,
フロートのページの前のページの消してくれて
うまくいきません.
誰かうまい方法を御存知ないですか?


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 19:55:34
ttp://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/43554.html
に書いてある手が使える場合かい?

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 21:44:29
>>190
だめですた


192 :190:2006/10/05(木) 23:10:24
それなら、残念ながら、漏れにも見当がつかない。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 08:54:41
>>189

\clearpage
図のコマンド
\thispagestyle{empty}
\clearpage
とかで上手くいくんじゃない。


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 18:33:29
>>193
レスありがとうございます
それですと確かにフロートのページのフッタは消えますが
texソース中のどこにフロートコマンドを書くかを
自分で調整する必要があるので不便です.

つまり文章の途中にそのフロートコマンドを書くと
書いたところで改ページされるので
文章が不自然にぶった切られてしまいます.


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 19:31:59
193 にはまともにレス返しているのに 190 に対してそうしないのは、
何ぞ含むところがあるのか?

イジメ?


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 19:48:14
>>195=190
まぁまぁ、そういじけないいじけない。

197 :195:2006/10/07(土) 00:30:43
$190\neq195$だが、まあそれは措くとして・・・

194を読むと、方向性としては190の指摘でビンゴと思える。
だが、191のような具体性のない反応では話が進まず、
傍目にもじれったい。

奥ゆかしいたちなので、直裁に書けず、婉曲に示唆したのが
195ということだ。多少いじけ気味であることは否定せんが・・・。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 11:31:51
43554.htmlってのは以下のようなコードのことだ

(1)figureが十分大きいとhだとうまく配置できない
(2)figureが小さいと本文がfigureと同居する

という問題があるが
(1)はフロートの配置パラメータを調整しろですむし
(2)はそもそも「でかい」といってるんだから
考慮しないですむだろう

\afterpageとかは使わないで
自動でp指定のフロートがでたページの
ページスタイルをemptyにしたいなら
\output/floatの機構を勉強して
自分で書き換えろということだな


\documentclass{jarticle}
\usepackage{afterpage}
\begin{document}
AAAAAAAAAAAAAAAAAA
\afterpage{%
\thispagestyle{empty}
\begin{figure}[h]
BBBBBBBBBBBBBBBB
\end{figure}
}
CCCCCCCCCCCCCCCC
\end{document}

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 15:43:56
>>197
直裁? 直截?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 22:06:06
\documentclass{jsarticle}
\begin{document}
\begin{eqnarray}
f = p
^{ ( 2^{g( \tilde{h}(a_1-1), a_1-1)} )_x }
_{ g( \tilde{h}(a_1-1) ) + x }
\end{eqnarray}
\end{document}

におけるpの累乗,添字だけフォントを大きく出来たなら
見やすくて嬉しい。
でも、たとえば\textbf{\Huge 〜}としても無視られる。

\textbf{\Huge p
^{ ( 2^{g( \tilde{h}(a_1-1), a_1-1)} )_x }
_{ g( \tilde{h}(a_1-1) ) + x }
}

知恵があればお教えください。  m(_ _)m

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 22:28:49
数学板のTeXスレで聞くべき質問だったと思ったので>>200
取り下げさせていただきます。失礼しました。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 22:48:56
2ch.って生き馬の目を抜く鉄火場なんですね…。>>201 (ご丁寧にどうも)

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 15:24:36
文中に$$でちょっとした数式を入れたんですが,
その式がページの右端に行ってしまい,
Overfull \hboxになってしまいました.
直前に\\を入れて改行をすると今度はページ右端が凸凹になってしまいます.
どうすれば右端を綺麗に揃えられるでしょうか.

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 16:31:44
・\sloppy あるいは sloppypar 環境の用法
・\linebreak の用法
といったものを調べるとよろし。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 21:52:41
>>203
$$でなくてはだめなのか?
amsmath を使うことは許されないのか?

206 :203:2006/10/12(木) 22:48:52
>>204
sloppyparを使ってみたらうまくいきました。
なるほどこんなものがあったんですね。

>>205
amsmathは
とりあえずusepackageしてみたんですが、
よくわかりませんでしたごめんなさい。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 17:03:12
\author[]部分の文字をデフォルトのよりも大きくしたいのですが、
\largeで囲むとエラーが出てしまいます。
どうすればよいのでしょうか・・・

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:13:00
>>207
\documentclass{jsarticle}
\title{hoge}
\author{{\Huge hoge fuga}}
\begin{document}
\maketitle
\end{document}

ちなみに、scaleboxを使うと日付がまで影響した。
\documentclass{jsarticle}
\usepackage{graphicx}
\title{hoge}
\author{\scalebox{1.5}[3]{hoge fuga}}
\begin{document}
\maketitle
\end{document}

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:23:52
>>207
[..] --> {..}
これでだめならソースとログ晒せ

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 13:19:40
authoraftertitle.styを試してみた。
\maketitleのあとに、Author, Titile, Dataが再利用できるというふれこみのsty

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{authoraftertitle}
\Originaltitle{mytitle}
\Originalauthor{myname}
\begin{document}
\maketitle
This is \MyAuthor
\end{document}

\MyAuthor部分が何も表示されない。使い方はこれで合ってる?
READMEぐらい用意しておけよ > Bilgerさん

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 14:14:04
入手先ぐらい提示しておけよ > 210さん

212 :210:2006/10/20(金) 14:17:22
>>211
すまん
ttp://tug.ctan.org/tex-archive/macros/latex/contrib/misc/

213 :211:2006/10/20(金) 17:55:56
>>212
ヲ? CTAN で検索したのに出なかったのだが、登録されたばかりで
情報が更新されてなかったってことか・・・

\Original〜 というのは、「内部コマンド」扱いだろう。
設定(代入)する時には、通常どおり、\title、\author、\date を
使うようになっている。

しかし、わざわざパッケージに仕立てるほどのものなのかなぁ。
別のマクロに格納しておけば良いだけのように思うんだが・・・

\documentclass{article}
\def\MyAuthor{Author of the Document}
\def\MyTitle{Title of the Document}
\def\MyDate{Date of the Document}
\author{\MyAuthor}\title{\MyTitle}\date{\MyDate}
\begin{document}
\maketitle
\MyAuthor/\MyTitle/\MyDate
\end{document}


214 :210:2006/10/20(金) 18:23:30
>>213
ありがとう。よく理解していなかった。
フッタ・ヘッダにでも\MyAuther \MyTitile \MyDateをいれて遊んでみるよ。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 17:25:23
jpolisci.bstを使ってみたいんだが作者のサイトが404でした
web archiveにもないみたい
どこで入手できるか教えてください

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:30:51
上付き文字を分数にしたいんですけど,
どぅも,上付き文字が小さくなりません.
教えて・・・

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:00:28
>>216
どんな式を書いているのか書いてみるべし。


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:17:15
>>217
9の2分の3乗を書きたいんですけど.
9^{\tfrac{2}{3}}
これだと,分数が大きいんで・・・

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:35:14
何故tfracなんだ?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:40:31
あっそっか.fracで良いんですね.勘違いしてましたw

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 03:12:39
>>218
2分の3乗なのか3分の2乗なのか小一時間(ry

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:41:10
9^{2/3} と書くのがスマートだと思うぞ。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 06:24:38
それは質問者の意図する出力を返さない

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 11:11:09
>>215
jecon.bstじゃだめなの?
jpolisci.bstも手元にあるけどあなたにどうやって渡せばよいか分からん。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 20:18:31
>>223
それはそうだ。
が、「書き手がやりたがること」よりマシなことがあれば
それも述べても構わないだろうがね。
# もっとも、「子供相手の記述」をしているとか、仕事なのでやむを得ないとか
# いう場合のために、219 のような返答も要るわけだがね。

226 :215:2006/10/23(月) 22:51:48
>224
jecon.bstとの違いを見たいのでjpolisci.bstが欲しいんです(縦書きとか)
どこかのうぷろだに上げてもらえませんか?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 12:41:34
cygwin上でのdvipdfmxのインストール・設定関係でつまずいています。

日本語を含むtexをplatexでdviにすることはできます。
(ptexのコンパイルとインストールは難なくOKでした。)
しかしそのdviをdvipdfmxするとエラーになります。
[1
** ERROR ** Unable to find TFM file "min10".


そこでプロンプトからlocate min10すると、
/cygdrive/c/cygwin/usr/local/teTeX3/share/texmf/fonts/source/ptex/min10.pl
/cygdrive/c/cygwin/usr/local/teTeX3/share/texmf/fonts/source/ptex/nmin10.pl
/cygdrive/c/cygwin/usr/local/teTeX3/share/texmf/fonts/source/ptex/tmin10.pl
/cygdrive/c/cygwin/usr/local/teTeX3/share/texmf/fonts/tfm/ptex/min10.tfm
/cygdrive/c/cygwin/usr/local/teTeX3/share/texmf/fonts/tfm/ptex/nmin10.tfm
/cygdrive/c/cygwin/usr/local/teTeX3/share/texmf/fonts/tfm/ptex/tmin10.tfm
/cygdrive/c/cygwin/usr/local/teTeX3/share/texmf/fonts/vf/ptex/min10.vf
/cygdrive/c/cygwin/usr/local/teTeX3/share/texmf/fonts/vf/ptex/nmin10.vf
/cygdrive/c/cygwin/usr/local/teTeX3/share/texmf/fonts/vf/ptex/tmin10.vf
となります。

これって、「有る」ということですよね?
フォント関係は難しくてよく知らないのですが、在処を指定するような方法があるのでしょうか?
どなたかアドバイスをお願いいたします。

UNIXに関係ない質問で恐縮ですが。

228 :227:2006/10/29(日) 12:43:47
ちなみに、

\documentclass{jarticle}
\begin{document}
This is a test.
\end{document}


はOKで、

\documentclass{jarticle}
\begin{document}
This is a test.

\end{document}


がNGとなります。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 04:39:33
miktexの様に角藤版でも自動的に最新版があればダウンロードしてインストールしてくれるようなものはないの?
アップデートは手動でチェックしているのですが。
OSはWindowsです。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 22:31:58
TeXインストーラ3に満足できないようならば、今はないだろうし、配布形態が変わらない限り技術的にも無理だろう。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:48:18
jbibtexで@articleで
numberはあるけどvolumeはない(つまり第〜巻がなくて、第〜号だけの場合)
コンパイルするとwarningが出るのですが、いちいちうるさいので、
これの警告を抑止する方法はないでしょうか。






232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 01:39:19
たぶん bibliographystyle による。
plain系だと、v (n) の形式になるから、v がないと不格好。
ieeetrなら vol. v no. n となるので、問題ない。
plain系でどうしても警告だけ消したいなら、
該当する .bst を探して、format.vol.num.pages の関数にある
volume empty$ ... if$ を消せばいいはず。
マジでカスタマイズしたいなら bst のスタック言語覚えてね。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 02:52:32
あ、スタイルに依存するんですか。
jecon.bst使ってるので見てみます。



234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 02:58:30
スタック言語わからんのですが、とりあえず

{ "there's a number but no volume in " cite$ * warning$

{ % "there's a number but no volume in " cite$ * warning$

にしてみました。ありがとうございます。



235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 06:11:47
bstの書式を見ていると頭がくらくらしてきます。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 20:09:31
>>235
他のプログラム言語とタイプがかなり違うからとっつきにくいけれど
ビルトインコマンドの数もそれほど多くないから慣れれば結構単純に感じる。

それでももっと楽にできるかもと思って上ででてきたbiblatexを試してみたけれど
これも結構難しい。

主にlatexのマクロを使って参考文献を作成する仕組みになっているから
結局マクロにかなり詳しくないと思うような形式の参考文献をつくれないんだよな。
ま、それは当たり前か。

誰か日本人がcontributeしない限り日本語の文献は扱えないだろうし。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 21:26:59
LaTeX はコンパイル後にちょっと修正、って訳には
いかないからね。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 13:48:18
ttp://nxg.me.uk/dist/urlbst/
↑これってjplain.bstとか日本語版でもOKなのかな。
試さずに聞いてごめんよ。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 14:15:35
>>238
http://tug.ctan.org/tex-archive/biblio/bibtex/contrib/urlbst/
から全部貰ってきて試して。
    、, __ 
    / ^     `ヽ 
   /         丶 
  /   / /ノ \\\ ヽ 
  | ノ / /  \\ ヾ 
  ‖ | / (●) (●)|l 
  | || | ~"   ゝ~"‖ 
.  | | 八   ー  ./    
.   ノ リ |ヽ\_ /ソ 
  


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 15:09:14
OpenOffice.org 2.04のTeX出力機能を試してみたけど、
\begin{document}
{\centering\bfseries
[65E5?][672C?][8A9E?][30C6?][30B9?][30C8?]
\par}


\bigskip

\section{[898B?][51FA?][3057?]1}

\bigskip

[672C?][6587?][3067?][3059?][3002?]


\bigskip

\subsection{[898B?][51FA?][3057?]2}

\bigskip

[672C?][6587?][3067?][3059?][3002?]
\end{document}
日本語駄目なんだな。nkf -We でもだめだった。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 18:33:20
>>240
http://slashdot.jp/comments.pl?sid=336572&cid=1037531
http://oooug.jp/faq/index.php?faq%2F4%2F4

あたりが参考になりますか。……ってまだ解決策の方は試してませんが。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:16:10
>>241
おぉ、大変参考になりました。
otex2tex.plはUnicode::Japaneseを使っていますが、UTFの16進バイト列をEUCに変換する
だけでよいなら、HTML::Entities::Numberedを使うともっと短くなりそう。どちらも、今の
環境に入っていないので入れなくちゃいけないけど。


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 17:49:13
おそれいります。

傍注 (\marginpar) のフォントサイズをプリアンブルで指定
したいのですが、どうすればいいでしょうか?



244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 18:57:22
ファイル latex.ltx の中の \@marginparreset の定義をプリアンブルに
コピーしてきて、それを書き換えればいい。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 19:07:26
>>243
marginnote.styというものがあるそうです。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 00:12:59
>>244

どうもです。プリアンブルに、

\makeatletter
\def \@marginparreset {
\reset@font
\tiny % フォントサイズに指定
\@setminipage}
\makeatletter

でいけました。


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 22:17:21
質問です。

\sectionの節の番号共々一つのコマンドで色をつけれるようにと思い、
(その都度\textcolor{red}{\section{ }}とするのは面倒なので)
プリアンブルで

\newcommand{\colorsection}[1]{\textcolor{red}{\section{#1}}}

を入れて\colorsectionを定義してみましたがはじかれてしまいました。
対策を教えて頂けないでしょうか?

248 :247:2006/11/18(土) 00:08:36
自己解決しました。

代わりにもう一つお聞きしたいことがあります。

\pagestyle{headings}で入れている柱文ですが、
注文の色を変える方法をご存知の方はいないでしょうか?

\pagestyle{myheadings}を入れて個々に色をつける方法も一応ありますが、
ページ数が100ページ以上あるので正直厳しいです。
宜しくお願い致します。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 00:36:18
「ページスタイル」について学習すれば、どうすればよいかわかるはず。
要は、ページスタイルを定めるマクロ \ps@headings などの定義中の
\@oddhead だとか \@evenhead だとかに仕込まれている柱用の
文字列の部分をいじればいい。
# これで何をすべきかわからないなら、マクロ作成について一から
# 学習したほうがよいだろう。

250 :247:2006/11/18(土) 01:04:34
大体の見当がつきました。やってみます。

ありがとうございます。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 13:48:23
\begin{tabular}で作られる表の大きさを変えるにはどうしたらいいでしょうか?
具体的には、紙幅の表を作りたいです。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 14:19:05
ヘッダ・フッタの線に色をつけるにはどうすればいいのでしょうか?

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 16:15:43
>>251
tabularx パッケージについて学んだことはあるかい?
あくまでも tabular 環境でやりたいというのなら、表の個々の列の幅を
手動で指定することになるだろう。

>>252
やはり、「ページスタイル」について学べばよい。
どうせ、使っているページスタイルの定義の中で \@oddhead だとか、
\@evenfoot だとかに罫線が仕込まれているのだろうから(具体的に
何を使っているのかが不明である以上「だろう」がつくが)、
そこに適当に色をつければいい。
いずれにせよ fancyhdr みたいなものに頼らずに
カスタマイズできるようになっておくといい。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:38:58
test
test


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:40:02
マクロやコメントが重宝するので普段から文書はTeXで書いているのですが,
最終的な原稿をWordもしくはベタテキストにしなくてはならなくなりました.

そこで dvi2tty で変換しようと思うのですが,不要な改行が入ってします.
というのは,Windowsのメモ帳のように自動的に右端で折り返して見ること
を想定して,

ひとつ目の段落です.
ふたつ目の段落です.

のように変換されて欲しいのですが,dvi2tty test.dvi では

ひとつ目の段落 ←ここに改行が入る
です.
ふたつ目の段落
です.

というように,見た目を整えるための改行が入ってしまします
幅を大きくとって -w1000 など付けてみても 150文字程度の所で
切れてしまいます.

何かうまい方法はないでしょうか?
スクリプトを書くにしても,どこが段落の始まりかの判断が
うまくできませんでした.


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:20:30
>>255
どの情報の脱落までがOKなのかも書いたほうが良いのではないかな?
図の写真は、かならず落ちるわな。
表はなんとかなるかもしれんわな。
図表番号はどうでしょな。
クロスリファレンスはどうでしょな。
引用文献リストはどうでしょな。
・・・といろいろあるので。
それによって、使うツールも様々。

>スクリプトを書くにしても,どこが段落の始まりかの判断がうまくできませんでした.
どんだけ汚いテキストが排出されたのか見たいw

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 00:09:13
detexでテキスト情報だけ出して整形した方がましとか?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 01:59:06

>>255
そういうのほんとに困るよな。

私は最近、
DVI → PDF してからacrobatからコピペでテキストで出してる。
これくらいで許してもらえることが多い。



259 :258:2006/12/01(金) 02:00:40
あ、ちがった。コピペじゃなくて「テキストで保存」。
いろいろ問題はあるけど、その程度で印刷屋は納得の模様。
頭のかたいひとが途中にはいっているとたいへんだろう。


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 12:22:43
>>255
行が折れたところに*が付いていませんか?
この*を取り除いて行連結するには、
perl -e '$_ = join("",<STDIN>); $_ =~ s/\*\s*\*//gs; print $_' < ファイル名
としています。



261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:30:20
test
test


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:31:01
>>256
図や表はいりませんが,キャプションは落ちて欲しくないです.
図表番号やクロスリファレンスを処理して欲しいので,
tex ソースからテキストを抽出するよりも,
一旦 dvi 化するのがよいと思っています.

ちょっと正確でなかったかもしれないので訂正.
段落の始まりは "。\r\n "で、だいたい判断できると思います.
しかし、section の始まりなどでは、頭の " " がないとか、
段落の開始 *以外* の所の改行を消してつなげないといけない
という点でつまずきました.

>>257
これは、tex ソースからテキストを抽出する
ツールのようなので、まだ試していません.

>>258>>259
その方法でも >>255 のような改行の問題は残りますよね.
これしかできないといえば向こうで手作業で
直してくれるかもしれませんが、
今度から Word で書いてくださいって言われそう(^^;


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:32:03
>>260
* がつくのは -w で指定した幅が textwidth より狭い場合ではありませんか?

例えば dvi で↓こう見えてるとき

abcde
fghijklm

-w で幅を狭くすると

abcd*
*e
fghijkl*
*m

のような感じになると思います.
結局 "e\nf" の改行を消さないといけませんよね?


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:33:30
>>263
abc... の行の前のスペース 3 つが消えたorz

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:41:19
>>263
あぁ、ごめん。問題点を勘違いしていた。

便乗質問だけど、私も同様に困っていて、pdf -> wordファイルが一番楽な気がしてい
ます。ぐぐるとWindows版ならいくつかあるみたいだけど、
ttp://arena.nikkeibp.co.jp/col/20050713/112801/
ttp://courier.adobe.co.jp/acrobat/a00040.html
ttp://www.docsmartz.net/?gclid=CJ237Ju58IgCFSY-TAod2XRbjQ
試した人はいます?時間が確保できたら検証しようと思っているけど、
なかなかまとまった時間が取れません。


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 14:42:14
(la)texのソースを読んだことのある人はいますか?
知識として、計算科学のどの分野のものが必要でしょうか?

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 14:54:04
>>266
TeXマクロ=LaTeXなら必要に応じてソースを読んでいるけど、日常的利用ならそれで十分。
計算機科学ではないので参考にならんかもしれんが。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:42:14
>>266
(La)TeXのソースというのは何をさすんだ?
TeX言語そのもののソースコード,
すなわちtex.webと各種chファイルのことか?
それともTeX言語によって書かれたLaTeXのソースのことか?

>知識として、計算科学のどの分野のものが必要でしょうか?
LaTeXのソースのことだったらTeXそのものの知識が当然必須.
中で使われているアルゴリズムそのものは
ごくごく普通のものだ.
再帰があったりビット演算があったり,
リスト構造があったり,配列があったりだ.
これらがTeXの仕様と渾然一体になっている.

TeXそのもののソースのことだったら,
古めのPascalで書いてあるからPascalの知識がいるし
当然「言語」だからトークン処理とかそーいう方面,
コンパイラ・インタプリータ方面の知識は必要だろう.
#tex.webをそういう観点で読んだことはないが
#x=x+2 を advance x 2 のように表記させることから
#そんなに凝った構文解析ではないんじゃないかとは想像する.

日本語版は入手困難だから
TeXBookの原著や,TeX the Progamなどの
Knuth教徒の聖典を入手するのがよいのであろう

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 22:10:17
マクロを初めて作っているのですが、思うように動きません
ヒントを頂けないでしょうか?

下記は不具合点のみを抜き出したソースです
リストの個数を数えもし2を越えたらカウンタをクリアするものです
実行結果からも分るように、一旦はクリアされるのですが
forの次の繰り返しではクリアが無効とされてしまいます
たぶんスコープだと思うのですが解決方法が分りません

動作確認ができましたらここで公開させて頂きます
ちょっと役に立つマクロだと思います
(知識の無いところは力で対応しているのでちょっと恥ずかしい)

ソース
\documentclass{jarticle}
\begin{document}
\makeatletter
\newcount\@cnt
\def\@mycs#1/{%
 \@cnt=0 [CLR]\the\@cnt\par
 \@for\member:=#1\do{%
  \the\@cnt
  \advance\@cnt1 [add1] \the\@cnt\quad
  \ifnum\@cnt>2{\@cnt=0 [clr] \the\@cnt\quad}\fi}}
\def\List{aaa,bbb,ccc,ddd}
\@mycs\List/
\makeatother
\end{document}

実行結果
[CLR]0
0[add1] 1 1[add1] 2 2[add1] 3 [clr] 0 3[add1] 4 [clr] 0

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 22:56:29
\ifnum など、プリミティブの条件文は、
ブレースをオプショナルにも要求しない。


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:01:15
\ifnum\@cnt>2{\global\@cnt=0 [clr] \the\@cnt\quad}\fi}}

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:04:00
>>271
tnxやってみます
後程、報告

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:12:43
>>270の注意もよろしく

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:29:37
>>269
悪いことは言わんから、『The TeXbook』の第20章(をはじめとする、
マクロ作成を primitive レベルから扱っているもの)をきちんと読みな。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:41:43
270さんの注意は理解出来ていません
コンパイルに警告は出ていますがなんとなく動きましたので
約束とうり公開します。

指定した年月のカレンダーを生成するものです。
(perlやphpでも最初はこれをつくっていました)
約100行あります。分割して書き込みます

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:42:59
\documentclass{jsarticle}
\makeatletter
\newcount\@wno %指定された年月の開始曜日{0:Sun 1:Mon ... 6:Sat)

%月末日テーブル設定
\def\@Jan{31} \def\@Feb{} \def\@Mar{31} \def\@Apr{30} \def\@May{31} \def\@Jun{30}
\def\@Jul{31} \def\@Aug{31} \def\@Sep{30} \def\@Oct{31} \def\@Nov{30} \def\@Dec{31}

\def\@Body{}
\newcount\@@tempcnta
\def\@ListToBody{%
\@@tempcnta=0
\@for\member:=\@ListOfDay\do{%
\advance\@@tempcnta 1
\ifnum\@@tempcnta>6{%
\global\@@tempcnta=0
\xdef\@Body{\@Body\member\cr}}
\else{%
\xdef\@Body{\@Body\member{&}}}\fi}}

\def\@ListOfDay{}
\def\@AppendToLOD#1{%
\xdef\@ListOfDay{\@ListOfDay#1,}}

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:43:55
\documentclass{jsarticle}
\makeatletter
\newcount\@wno %指定された年月の開始曜日{0:Sun 1:Mon ... 6:Sat)

%月末日テーブル設定
\def\@Jan{31} \def\@Feb{} \def\@Mar{31} \def\@Apr{30} \def\@May{31} \def\@Jun{30}
\def\@Jul{31} \def\@Aug{31} \def\@Sep{30} \def\@Oct{31} \def\@Nov{30} \def\@Dec{31}

\def\@Body{}
\newcount\@@tempcnta
\def\@ListToBody{%
\@@tempcnta=0
\@for\member:=\@ListOfDay\do{%
\advance\@@tempcnta 1
\ifnum\@@tempcnta>6{%
\global\@@tempcnta=0
\xdef\@Body{\@Body\member\cr}}
\else{%
\xdef\@Body{\@Body\member{&}}}\fi}}

\def\@ListOfDay{}
\def\@AppendToLOD#1{%
\xdef\@ListOfDay{\@ListOfDay#1,}}

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:45:57
>>277はダブり

\def\Calender#1#2{% #1:year #2:month ツェラーの公式
%1月→13,2月→14,3月→3,4月→4,...12月→12 1月,2月のときは翌年とする
% (Y + Y/4 - Y/100 + Y/400 + (M*13 + 8)/5 + D)を7で割った余り
% 0->Sun,1->Mon,...7->Sat
\newcount\@y \@y=#1
\newcount\@m \@m=#2
\ifnum\@m<3\advance\@m 12 \advance\@y -1 \fi
\@tempcnta=\@y
\@tempcntb=\@y \divide\@tempcntb 4
\advance\@tempcnta\@tempcntb
\@tempcntb=\@y \divide\@tempcntb 100
\advance\@tempcnta -\@tempcntb
\@tempcntb=\@y \divide\@tempcntb 400
\advance\@tempcnta\@tempcntb
\@tempcntb=\@m \multiply\@tempcntb 13 \advance\@tempcntb 8 \divide\@tempcntb 5
\advance\@tempcnta \@tempcntb
\advance\@tempcnta 1% day:1
\@tempcntb=\@tempcnta \divide\@tempcntb 7 \multiply\@tempcntb 7
\advance\@tempcnta -\@tempcntb
\@wno=\@tempcnta


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:47:11

\ifcase \@wno
\gdef\@ListOfDay{ } \or
\gdef\@ListOfDay{,} \or
\gdef\@ListOfDay{,,} \or
\gdef\@ListOfDay{,,,} \or
\gdef\@ListOfDay{,,,,} \or
\gdef\@ListOfDay{,,,,,} \else
\gdef\@ListOfDay{,,,,,,} \fi

% \@SetToFeb#1
\newcount\@y
\@y=#1 \divide\@y 4 \multiply\@y 4 \advance\@y -#1
\ifnum\@y=0{%
\global\let\@Feb=29
\@y=#1 \divide\@y 100 \multiply\@y 100 \advance\@y-#1
\ifnum\@y=0{%
\global\let\@Feb=28
\@y=#1 \divide\@y 400 \multiply\@y 400 \advance\@y -#1
\ifnum\@y=0{\global\let\@Feb=29}\fi}
\fi}
\fi

%指定された月の末日
\newcount\@last
\ifcase #2\relax \@last=0%
\or \@last=\@Jan \or \@last=\@Feb \or \@last=\@Mar
\or \@last=\@Apr \or \@last=\@May \or \@last=\@Jun
\or \@last=\@Jul \or \@last=\@Aug \or \@last=\@Sep
\or \@last=\@Oct \or \@last=\@Nov \or \@last=\@Dec
\or \@last=0 \fi


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:48:00

\ifnum\@last=28{%
\@AppendToLOD{1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28}}\fi
\ifnum\@last=29{%
\@AppendToLOD{1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29}}\fi
\ifnum\@last=30{%
\@AppendToLOD{1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30}}\fi
\ifnum\@last=31{%
\@AppendToLOD{1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31}}\fi

\@ListToBody

\begin{tabular}[htb]{rrrrrrr}\multicolumn{7}{c}{#1年#2月} \\
日&月&火&水&木&金&土 \\
\@Body
\end{tabular}
}
\makeatother
\begin{document}
\Calender{2006}{12}
\end{document}

以上です

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:58:56
本来は繰り返し処理の所を他の手段で逃げています
(なかなか動かなかったので)

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:59:45
>>275
270 氏のコメントは、結局
\ifnum<条件> {<処理>} \fi
ではなく
\ifnum<条件> <処理> \fi
でよい、ということ(まともな解説書なら、<処理> の部分を
ブレースで囲めなどとは *書いていない* はず)。
実際、少なくとも >>269 で提示してある記述に関しては
\ifnum\@cnt>2{\@cnt=0 [clr] \the\@cnt\quad}\fi の
\@cnt=0 [clr] \the\@cnt\quad のところをグループに閉じ込める
必要はなかった(もっとも、“カレンダー”のマクロではどうなるかは
検討していない)。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 00:09:10
>>282
よく分りました、ありがとう

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 04:20:38
θの上に、波をつけたいのですが、やり方がわかりません。どなたか御教授を。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 04:23:13
解決しました。tildeでした。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 07:02:19
TeXの多書体化とPDFへのフォントの埋め込みについて質問させて下さい。
dvi → dvipsk → Adobe distiller の手順で、
多書体化とフォントを埋め込んだPDFを作成したいと思っています。
これは可能なのでしょうか?

余りスレの方々に御迷惑をかけるわけには行かないので、
可能かどうかだけ教えて頂ければ、後は自分で調べたいと思いますので、
御存知の方は御教示ください。お願い致します。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 08:09:53
>>286
ttp://www.geocities.jp/tanaken_1018/tex/tex9.html#9-4-4
じゃないの?

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 11:48:40
>>286
dvipdfmxは嫌い?多書体化と埋め込みは基本的にできるよ。フォントが埋め込まれることを許可していない場合は、
埋め込めないけど。

ところで、年賀状を多書体TeXで作っていますか? > all

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 14:51:32
年賀状は手書きだな、一桁だから・・・

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 18:46:11
後にある定理環境につけた定理番号を
前の定理環境の番号につけることはどうすればできるのでしょうか?
定理番号は3.2のように "section.定理カウンタ" の形です。

サンプルを上げると以下です。
%-----------ここから
\documentclass{article}
\newtheorem{tm}{Theorem}[section]
\begin{document}
\section{foo}
\begin{tm} % ここを ushiro を参照して 2.1 としたい
hogehoge.
\end{tm}
....
\section{bar}
\begin{tm}\label{ushiro} %これを上で参照したい
hogehoge.
\end{tm}
\end{document}
%--------ここまで


\setcounter{section}{2}
\setcounter{tm}{0}
を前に入れてそのあとにまたカウンタを元に戻すということで
決め打ちにすることはできますが、これでは下の番号が変わったときにまた手で打ち直さなければいけません。

どなたか解決策をご存知の方、ご教授いただければ幸いです。


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 20:01:41
\ref でとってきた値をカウンタに代入できればよいわけで、
その手の話は奥村氏の掲示板で過去に何回か出てきている。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 20:03:51
ありがとうございます。
探してみます。
\refでとったものが今 4.9 という形なのでそのままつっこむと section が入ってしまって
tex をかけるたびに無限ループで section が増えて行くということになってしまいました。

まずは奥村さんのページをよく見てみます。

293 :291:2006/12/06(水) 20:10:59
あるいは、下記の例のように \thetm を一時的に再定義しても構わないとは思うが。

\documentclass{article}
\newtheorem{tm}{Theorem}[section]
\newcounter{temp}
\begin{document}
\section{Foo}
\begin{tm}
Foo
\end{tm}

\setcounter{temp}{\value{tm}}%%% tm の値の退避
\begingroup
\def\thetm{\ref{tm:Bar}}
\begin{tm}
Bar
\end{tm}
\endgroup
\setcounter{tm}{\value{temp}}%%% tm の値を復元

\begin{tm}
Baz
\end{tm}

\section{Bar}
\begin{tm}\label{tm:Bar}
Bar
\end{tm}
\end{document}

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 20:24:48
奥村さんのページでref theoremとかいろいろ検索してましたが
見つけるより早かったですね。
これはすばらしくエレガントな方法のように思えます。
(\thetm 自体初めて知りました)
流用させていただきます。ありがとうございました。


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 22:15:19
>>287
ありがとうございます。これから勉強して頑張ってみます。
>>288
dvipdfmxも良いんですがEPSファイルの中の漢字が文字化けしたことが有りまして。
dvipskとdistillerだと文字化けしなかったので、こちらで行くことにしました。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 22:22:07
>>295
そのページには、既製品の書体追加パッケージしか置いてないよ。
多書体化の方法を学習したいのなら、以下の 3 点について調べるといい。
(1) tfm/jfm ファイル(および必要に応じた仮想フォント)の準備、
つまり、既存のフォントを TeX で使えるようにする作業
(2) NFSS2 の枠組みに従った、新規フォントの LaTeX への登録(および、
必要に応じた書体変更マクロの定義)
(3) 実際に使用したい実フォントの個々の dviware への登録(要は、
map ファイルへの追記)

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 20:13:03
>>296
わざわざありがとうございます。
正直TeXは素人には難しいので、詰まったらまた質問させて頂くかもしれません。
できる限りは自分で調べるつもりですが、もしもの時はどうかお願いします。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:04:43
>>297
探せば,>>296 の言ってる内容を
全部書いてある本もある.
結局,>>296 のいってることが
TeXでの書体増やしのすべてなんだよな

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 14:16:21
スレ違いでしたらすみません。

TeXのソースをrcsで管理してバージョンなどを
出力したいと思っています。
rcs.styを使うと出来そうなのですが日付と時間の出力が
ci/coでタイムゾーンがUTCなら
2003/12/12 04:00:00
のようになりますが、ローカルタイムだと
2003-12-12 13:00:00+09
のようになってしまいます。これを
2003/12/12 13:00:00+09
とするにはどのようにするのが良いでしょうか?

出来ればci/coのオプションでどうにかなるのが良いです。
よろしくお願いします。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 01:24:00
特定のページだけ柱部分を変更するにはどのようにしたら良いですか?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 03:02:29
>>300
(1) 柱部分を所望の形式にカスタマイズしたページスタイルを新設し、
(2) そのページスタイルを適用したいページにおいて \thispagestyle を使う
とよい(ページスタイルについては、然るべき解説書で学習してくれ)。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 07:12:34
>>300
ありがとうございます。
\markbothと組み合わせて、一応自分の思ったようにすることができました。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 15:18:34
すみません、少し質問させて下さい。
縦書きの二段組で、上段と下段を完全に別離させたいのですが、そういうのは可能でしょうか。
具体的に言うと、上段は漢文の原文で、下段は現代語の訳文、といった感じになります。

普通の二段組だと、文章が上段を使い切ったら下段に移ってしまいます。
それを、下段を使わないで次のページの上段に移って欲しいのです。
下段はその反対です。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 15:31:28
そういうのは「二段組」というよりも単に「2種類の記述を併置」しているわけだね。
そういう処理には「対訳」用のパッケージ(parallel など)が使える。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 17:41:27
>>304
ありがとうございます。これからparallelを試してみます。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 23:03:18
本屋に行ったらLaTeX2ε 美文書作成入門の第4版が出てたけど既出?

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 23:30:41
このスレでは初出と思われ

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 07:01:45
longtableでセル内の文章を自動改行させることはできないのでしょうか?

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 07:46:48
longtable パッケージが提供する longtable 環境(の話と仮定する)であっても、
個々のカラムの配置指定(\begin{longtable} のあとに記述する r だとか
c だとかの指定)に p{<適当な寸法>} という指定は使えるわけだが、
それは試したのかい?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 18:56:17
お恥ずかしい。試したらできました。
奥村先生の御本のlongtableの箇所に書いてないだけで出来ないと決め付けてました。
下らない質問をして申し訳ありませんでした。出直して来ます。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 19:40:52
龍角散乙

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 23:37:55
最後のページだけ、ページ番号の横に`E'とか
入れたいんですがどうしたらいいでしょうか。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 10:12:56
>>312
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/9069.html
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/9076.html
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/9078.html
と一連のものがあります。

fancyhdr.styでも処理できます。


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 19:04:34
listoffigureで作成されるリストで、
1.2 hoge ........ 5
1.3 piyo ........ 12
などを
Fig. 1.2 hoge ... 5
Fig. 1.3 piyo ... 12
のようにしたいのですが、クラスファイルを編集しないとできないでしょうか。

ttp://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/36660.html
を見つけたのですが、ページ番号がなくて、自分で加えてみたのですが右端への配置方法や点線などの描画が解決できませんでした。


315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:24:03
そういうときこそ既製品に頼るといい。
実際、標準配布のクラスファイルにおける目次関係の処理を調べれば、
\@dottedtocline だとかその中で使われている \leaders といったものを
目にすることができる(はず)。

316 :314:2006/12/20(水) 11:26:39
>>315
ありがとうございます。
leadersあたりを参照してmakeatletterで修正したら望む形に出力されました。

317 :312:2006/12/20(水) 22:46:12
>>313
できました。親切にありがとう

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:10:46
Mtex2のアイコンをクリックしてdviファイルを表示させようとすると、
dvioutが見つかりませんというエラーがでてdviを開くことができません。

dviファイルを直接開こうとすると開きます。
どなたか解決策をご存知の方、教えていただけませんか??



319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:45:25
>>318
ttp://ich.sakura.ne.jp/manabu/jp/bbs/petit.cgi
に書いた方が返事が早いと思うよ。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 10:58:45
EPS内の漢字が、dvioutやdvipdfmで表示すると文字化けしてしまいます。
GSは8.54でインストール時の日本語を使うという部分にもチェックを入れたのですが。
環境変数もdvioutの設定もちゃんとgs8.54のフォルダを指定しています。
他に何が必要なわからず途方にくれています。
同じ症状で解決した方がいらっしゃったら御教示ください。お願いします。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 12:43:24
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/math/1163152490/
で聞いた方がいいと思うよ。ここはUNIX板。

1.
epsファイルをどんなソフトで作ったか書いた方がいい。
2.
ファイルを作ったソフトがDynamicDrawだったら、ググった方がいい。


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 13:50:25
>>320
OCFフォントを使ってたってオチはなしですぜ,旦那。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 08:42:55
図星かよ(w

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 21:46:57
WindowsユーザーですがMacのヒラギノフォントが羨ましくて
フォントを買ってdvipdfmxでPDFに使おうと思っています。
それでotfパッケージを使えば、
ヒラギノの五書体を全部埋め込めるんでしょうか。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 14:26:11
>324
しかるべき設定をすれば当然できる。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 17:05:57
>>324
そこまでするならPowerPCのMacを中古で安く買ってきた方が安上がりなのでは?

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 01:50:35
>>325
ありがとうございます。
多書体化の煩雑さにギブアップしまして、
奥村先生の本を読むとotfパッケージだと楽にできそうなので、
ヒラギノで行きたいと思っています。

>>326
ヒラギノのHPには一パッケージにつきPC一台とか書いてあったので
それはできないのじゃないかと思っています。
認証とかあるかもしれないし、それ以前に倫理的な問題として。
真面目に買うつもりです。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:09:13
bibtexを用いたtexをコンパイルしようとすると

! Misplaced alignment tab character &.
l.57 *********** &
************************
?

という、&が入ってるときに表示されるエラーが表示され、&を消したり\&に変えてみたのですが
エラーが消えるどころか、bibtexのほうに新しい参考文献を追加しても
その新しい文献まで表示されなくなってしまいました。
どなたか原因わかるかたいないでしょうか

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 08:17:23
>>327
コピーするのではなくて,MacからWindowsのディスクをsambaでmountして(実際は
Finderからsmb://hostname/pubdir でmount可能)dvipdfmxだけMacで
実行したらいいんでね?
と思って書いた。正直,それ以上考えてない。すまんかった。

>>328
\&に変えて,texファイルとbibファイル以外全部一度削除して最初からトライ汁

330 :328:2006/12/28(木) 12:20:58
>>329
お、どもども
tex,dvi以外のファイルはマクロで自動で消えるようにしてるんで、
dviファイルがなにかおかしくなってたんですかね。

dvi消せばよかっただけかもしれないけど、
とりあえずbibファイルを新しいファイルで再定義したら解決しました。
ありがとうございます。

114 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)